「愛に似たもの」・「楽園のしっぽ」

愛に似たもの 唯川 恵 著

 寝る前にちょうど1編読んで、心地よい眠りにつけるいい長さの短編小説。
女性だったらきっと共感したり、あまりに鋭くてドキッと我が身を振り返ってしまうような、興味深い話が多いと思います。


楽園のしっぽ  村山由佳 著

 鴨川に住んでいる著者ならではのエッセイ集。写真がとってもいいんです!動物達の幸せそうな顔に本当になごみます。実際住んでみたらいいことばっかりではない、のも充分わかるなぁ。時折出てくる近所の人の千葉弁がいい感じです(^.^)
 これだけ動物を飼っていたら、その死にも沢山直面するわけですが、後半に著者の考えがのっています。シナモンちゃんを失ったばかりなので、大変共感しました。
[PR]
by wenniao | 2009-02-16 11:47 | こんな本読んだ(Book) | Comments(0)
<< やっと行けたよ「ヤマダモンゴル」 豆を煮る幸せ >>