これも小松菜?

 
f0067385_22501277.jpg

 母が畑からとってきた小松菜。
冬の寒さを越えた野菜は甘みがあって美味しいねぇ。
 でもいつもなんだか「違う葉っぱ」が混じっているのだ。

 母曰く「同じ種からまいたんだから、これも小松菜」
といいはるのだけど、色も淡いし葉っぱのギザギザがやっぱりどうも別物かと・・・
・・・ま、結局食べちゃうんだけどね。

 お味噌汁、辛し和え、など美味しいけど、一番よく作るのは小松菜とシメジと鶏肉をしょうゆ味で炒めた中華炒めです(^^♪ 
[PR]
by wenniao | 2012-03-27 22:51 | これが気になる! | Comments(2)
Commented by 長生き村のA at 2012-04-04 00:57 x
ご無沙汰してました。お元気そうで何よりです。

うちでも、白菜の種を蒔いたのに、葉が巻かず色も濃くてゴワゴワした山東菜みたいなものが混じっていたことがありました。
種を生産しているところで、他の種が混ざったか、近くに近縁(アブラナ科)の植物もあって交雑した種ができてしまったか、などが考えられます。
以前、小松菜の種をうちで採って蒔いたことがありました。同時期に京菜の花も咲いていたせいか、半分近くがギザギザした葉のものになってしまい(もちろん食べましたが)、それ以来、アブラナ科の自家製の種は採らないことにしました。
野菜の品種のことは良くわかりませんが、たぶん黄色い菜の花が咲くアブラナ科どうしって交雑しやすいのだと思います。
でも、そんな種を売っていて良いのかな? まあ、おいしければイイか・・・。
Commented by wenniao at 2012-04-06 22:37
Aちゃん
 お久!そうかもね~「菜っ葉」って混じりやすいのかも。そう、結局食べてしまうんだけどね(笑)。でもあやしい葉っぱは文鳥はちょっとたべてやめてしまう事が多いです。ちょっと苦いのかなぁ。文鳥じゃないのでわかりませんわ(^_^メ)
<< 「深夜零時に鐘が鳴る」 「ひぐらし荘の女主人」「くまちゃん」 >>