「ホテルローヤル」 桜木紫乃 著

 
f0067385_10222626.jpg


第149回 直木賞受賞作品。
図書館でリクエストしたら、800人以上も待つらしくて(笑)、気が遠くなって買いました。
 
 北海道釧路湿原を見下ろす場所に建つラブホテル「ローヤル」にまつわる、数人の悲喜こもごものお話。短編7編で、時空間がそれぞれ違うのですが、見事に上手にからんで最後にまとまっていて面白い。「ああ、あの人がこの人なんだ」という・・・2度読みたくなります!

 この作家さんの作品は初めて読んだけど、じわりと心に響く文章、平坦なのに「ぎょ」「ぞくっ」っとする内容に引き込まれました。女性ならではの目線もいい。本当にご実家がラブホだったそうですね。リアルです。
 釧路湿原という広大かつ雄大な自然のそばに建つ、いかにもなキッチュなホテル、という設定も面白い。

 タイトルからすると「どろどろ愛憎劇」かと思いきや、全然違います。

 人間の営みって、哀しい。
 でも平凡な日々の生活の中で、それぞれが事情を抱えつつも一生懸命暮らしていこうとしている。
たとえ、自分が望まない方向になったとしても。

 なかでも「本日開店」には驚いた(^_^;) 田舎ではあるのか・・・こういうの。(まさかね)

 お近くの方、読みたい方お貸ししますのでご連絡を(^.^) 
[PR]
by wenniao | 2013-09-03 10:22 | こんな本読んだ(Book) | Comments(2)
Commented by マリリン at 2013-09-05 08:58 x
「貸して〜」って、叫ぼうとしてた所で、夫が買ってきてました。
ほんとに「本日開店」にはびっくり(°_°)

iPhoneアプリの「iBooks」で、一話目の途中まで立ち読みが早々に出来ました。これ!サワちゃんにはおすすめアプリよん!
Commented by wenniao at 2013-09-07 11:05
マリリンさん
そうでしたか!売上好調ですな。
やはりびっくり「本日開店」ですよね・・・
途中まで「この人何やってんだ?」と理解不能でしたもん。
iBooks,いいですね!ぜひインストールします(*^_^*)
<< 鼻先の・・・お楽しみつくりいろいろ はぁ・・・なんとか8月も終わり >>