「これでよろしくて?」「女という生きもの」

f0067385_9413658.jpg

「女という生きもの」 益田ミリ 著

 「スーちゃん」シリーズでおなじみの作者の漫画を交えたエッセイ集です。
私も女なので・・・「女」というものを客観視できるので面白い。時にメンドクサイ生き物です、ホント(笑)
男性が読んだら「へ~」って思うかもしれません。
 日々感じたこと、ずっと感じていること、を結構淡々とつづられていて、ほんわかしているようで意外に辛辣だったり。この方はまだ独身なのかな?結婚したらしたでまたエッセイが読みたい感じ。

「これでよろしくて?」 川上弘美 著

 子供のいない専業主婦菜月、37歳。ふと元彼のお母さんに声をかけられ「これでよろしくて?同好会」に参加することになる。
 メンバーは年齢も経験値もバラバラな女性数人。集まってご飯を食べては「今日の議題」について言いたいことをいいあう。ちゃんと議事録らしきものはとるが、前の事をほじくりだして話すことはない。
 菜月の平凡な生活の中にも、突然義理母と生活をするようになったり、夫との関係が変わったり・・・同好会で話していくうちに、ゆるやかではあるけれど自分なりの解釈を得て前に進んでいく。

  なんといっても「これでよろしくて?同好会」に入りたい!(笑)

人間の営み、こと家庭内の諸所問題などどこの家庭にもある話で、しかも世の中の出来事に比べれば些細なもの、でも当人にしてみたら大問題なのだ。
 それを自分一人でかかえるから爆発したり鬱鬱としたりしてしまうよね。こうして、まったく利害関係のないどうでもいい仲間の中で、口に出したり、意見を言いたいこといったりすることでなんとなく昇華されていくことってあると思うな。しかも議題を次回に持ち込まない潔さがいい(^.^)
[PR]
by wenniao | 2015-03-10 09:38 | こんな本読んだ(Book) | Comments(6)
Commented by jun at 2015-03-11 12:51 x
こんにちは^^昨日から雪が降ったり寒いですね~(><)
最近やたら勉強ヤル気モードで、色々教材も物色中。で、すごいいい本見つけたんですが、あまりにも目が鱗でついついコメントしちゃいました!^^; アマゾンで購入したんですが、ほんと今は便利な時代ですね~。
試し読みもできるし、口コミの評価も大いに役立ちます。(中にはサクラもあるでしょうが)今回買ったのは、
「誤用から学ぶ中国語 基礎から応用まで」郭春貴(白帝社) 皆さんの評価どおりの素晴らしい本でした。
以前お勧めした文法書を上回る細かさです。続編の補語と副詞編も購入予定です。目次を見ただけでも、多分良さがわかると思います。wenniaoさん、もし文法書買われる予定があるなら是非候補に入れてみて下さいね!
ほんとこんな素晴らしい本があるなんて感動だな~^^ 毎度毎度のお勧めで失礼しました!^^;
Commented by wenniao at 2015-03-12 11:20
junさん
お勧めありがとうございます!
燃えてますね~春近しですもんね。私も頑張らなくちゃ!
誤用に関する本って、過去何冊か読んだことがあるのですが、その時はふむふむと思ってもなかなか定着しなくてね・・・
私、参考書やら本やらが沢山あるわりに身についていない(途中挫折)のでちゃんと1冊消化しないと、と、この春思っております。問題は「忘却」との闘いだ・・・(>_<)
Commented by jun at 2015-03-13 12:43 x
そうなんですよ~、春が近くてどこかおかしくなっちゃったんでしょうか(笑)やたらヤル気マンマンで^^;
作文強化のテキストとかも買ったりしてやってます。文法書は「あ~そういう事だったんだ」って理解できた瞬間が嬉しくて、ついつい買っちゃいますね。まいにち中国語の講師の方がすごい分かり易いなと思ってたら、文法がご専門の先生みたいで、この方の中級の文法書も良さそうだったので次に思案中です!ほんと本ばかり増えてどうするのって感じですけど。。。^^; この週末に先日の映画見に行ってきます♪ 行った人が号泣やったって話よく聞くので超興味深々です。これで感動しなかったら私って鬼かな?(笑)wennniaoさん、近所で上映してなくて残念ですね~。でももし見に行かれたら感想教えて下さいね♪^^
Commented by wenniao at 2015-03-20 10:20
junさん
映画はご覧になりましたか?「唐山大地震」と、この「妻への旅路」どっちもみたいけど、あっという間に上映終わっちゃうんですよね・・・中華系映画。
学生時代から英語でもグラマーが嫌いで(笑)中文でも相変わらずです。佩服佩服(^.^)
Commented by jun at 2015-03-20 12:40 x
映画見てきたんですけど。。。結果は号泣せず!でした。うるっとはきたけど号泣までは。。。^^;
今回、中国語の先生と見に行ったんですけど先生も同意見でした。評判がよかっただけに期待しすぎたのかな~。
予告で紹介してるストーリー以外の展開がないので、それだったら最初に内容明かさない方がよかったのではと。
まっいい映画でしたけどね。コン・リーの演技力はさすがでした。その地震の映画もよさそうですね。
この手の少しマイナーだけどいい映画は、たとえ上映されても期間が短いですもんね~。今回アジアン映画祭でも中華圏のいい映画があるそうで、チェックしなきゃ^^
Commented by wenniao at 2015-03-21 11:04
junさん
観てきたんですね(^.^)
そうそう、中華圏映画って、期待をいい意味でも悪い意味でも裏切られることが多いと思います。逆に、期待しないで観たのがすごく面白かったりすることもあるし。「唐山大地震」は東日本大震災と公開時期がかちあってしまいお流れになった作品。なんとか4月まで公開が伸びてくれないかな・・・(か、DVD待ちですね~)
<< 恒例の家族で房総ドライブ 確定申告!そしてバタバタ >>