山形への旅①お釜~山寺~銀山温泉


 事の発端はANAのマイレージ特典航空券。
期限がせまっているわ、夏休みも始まってしまうわ・・・。
ぎりぎり提携のバニラエアーで北海道か奄美大島かの往復航空券と引き換えにできるとたかをくくっていた私。
そもそも席数がない、特典航空券用の席が少ないのでしょうね。2人分のいい時間の便などとれるはずもなく・・・(-_-)
旦那がずっと「冬の銀山温泉」に惹かれていて、冬ではないけど山形なら?と頭を切り替え、結局ANAの庄内空港からの片道と交換することにしました。行きはしんかんせ~ん(笑)色々乗れて楽しいよ(子供ですね)。

 5日仕事を早めに終わって旦那さんと夜の新幹線で山形駅へ。リーズナブルなシティホテルに1泊。
レンタカーを借りてまずは目指すは蔵王へ!

 初のお釜。お!こんな色だったか。自然の姿に感動。千葉では残雪なんて見られないのでテンションあがります。
f0067385_15260801.jpg
 旦那さんはわざわざニューバランスの靴を新調してきたけど、トレイル用が高いのでやめて普段用にしたのですが、この時からずっと後悔することになる(^_^;)

 芭蕉の句「閑けさや岩にしみいる蝉の声」で有名な山寺へ。階段が大変だと聞いたのでまず腹ごしらえ。
これだけは食べてみたかった「冷やしラーメン」。美味しい!ラーメンと冷やし中華の合体型。氷浮いてます。
f0067385_15255111.jpg







 









梅雨だというのにいいお天気・・・雨は覚悟していたけど暑さは想定外。山形って暑いんですねぇ~来てから気がつきました。昼下がりの一番暑い時に石段登りました。最初は木陰だったけど、だんだん陽が照りつけてなかなかハードな(笑)

f0067385_15283747.jpg

f0067385_15271875.jpg
















f0067385_15261564.jpg










f0067385_15285373.jpg










f0067385_15264898.jpg
















































なんという素晴らしい景色なんでしょう!頑張って登ってきたかいがありました。

実は帰り際、このすぐ下あたりの石段で旦那さんがすれ違う男性と「え?え?」と目を合わせたんです。
なんと!同じ職場の同僚の方と偶然鉢合わせ!!
お互いどこへ行くのかは話してはいないのだそうですが、しか~し、こんなことがあるんでしょうか?(笑)
同じ山形に来てるにしてもまさかこの山寺で出くわすとは・・・「山寺の奇跡」と呼ぶことにします。
「え!?あ、主人がいつもお世話になってます」・・・と汗みずくでのあいさつ(笑)

 あ~温泉温泉。夢にまで見た銀山温泉です。思ったよりこじんまりとしていてびっくりです。
昭和レトロな雰囲気、ほっこりしますね。
f0067385_15273480.jpg

















中央を流れる川も澄んでいてキレイ。ニジマスが泳いでます。
f0067385_15295171.jpg

















f0067385_15293325.jpg

















宿泊は最も有名「千と千尋の神隠し」のモデルともいわれている「能登屋旅館」。
「千と~」のモデルの場所ってホントは一体どこなんだ?ジブリさんもこうなったら言わない方が正解ですね。

観光客の方が必ずここで写真を撮るので写り込まないようにと出入りに気をつかいます(笑)
中も素敵な造りで落ち着きました。とまった部屋は以前「エクラ」(女性誌)にのった部屋でした。

 冬の景色は素晴らしいでしょうけど、ここまでたどりつくのが大変・・・残雪が残る3,4月ならまだ風情を楽しむことができそうです。お料理も素晴らしく、山寺の足の疲れを癒してゆっくりできました。極楽極楽。

f0067385_15291759.jpg

f0067385_15294396.jpg























f0067385_15290626.jpg


[PR]
by wenniao | 2017-07-09 16:14 | こんな所へ行った(Place) | Comments(0)
<< 山形への旅②2446段の石段の... 楽夢音ふたたび!「七夕コンサー... >>