「十年」



「十年」 香港映画

香港返還は1997年。
昔,艾敬という女性歌手が「♪1997~」と歌っていたのでよ~く覚えていますこの年号。
今年ははや返還20年なんですね。
香港は旅行やコンサートで一番訪れている「外国」ですが、行くたびに少しずつ様変わりしています。

この映画は香港の近未来を描いたオムニバス映画。単館上映。
初日だったのですが、この日しか行けないかも!と即効見てきました。
おかげで初回は満席、2回目上映まで灼熱の新宿で時間をつぶすという・・(もちろん建物にいましたけど)。
製作監督等お二人の舞台挨拶も聞くことができました。

さすがに政治的にデリケートな部分が多いため、香港で連日盛況だったのにいつの間にか打ち切りにあったとか、製作スタッフは中国入りしていないとか、近未来を描いたのは制作費もかさまないからだとか。。。いろいろ面白いお話を聞きました。

一番わかりやすかったのはタクシードライバーのお父さんの話。
教育も「中国語ができないと」にシフト。こつこつと家族のために頑張っている自分より大陸からきた若い中国人パパのほうが金持ちでいい車に乗っている。近未来というより今、既にもうこんな状況ですよね。せつないです。

大好きな香港映画「ラブソング」。
香港にあこがれて中国から出稼ぎにでてくる男女2人のストーリーですが、当時は香港という自由な大都会にあこがれ、中国語はダサイので話さないようにしていた時代。こんなに変わりつつあります。
今後の香港からも目が離せません。いい方向に向かうとよいのですが。



[PR]
by wenniao | 2017-07-29 10:17 | 映画一般(Movie) | Comments(0)
<< 「君の膵臓をたべたい」 中国琵琶レッスン7回目 >>