「ホーラ ~死都~」 篠田節子 著

Xωρα(ホーラ)―死都

 暑い夏、涼しいところで本を読みたくなりますね。
書評が面白そうだったので読んでみました。 お互い家庭を持つ二人の不倫旅行先がエーゲ海の島。男がプレゼントしたヴァイオリンには女性の顔の彫刻が。う~ん・・・「小説」。
 あまり主人公に感情移入できないまま終わってしまった感じ。内容的には面白いんですけど、後半部分でも眠くなってしまった。一気に読んだ方がよかったかも。
[PR]
by wenniao | 2008-07-25 10:03 | こんな本読んだ(Book) | Comments(0)
<< 炎天下でなくて良かった・・・夏... ホームページ久々アップ >>