「お金は銀行へ預けるな」 勝間和代 著

 あまりに売れた本なのでお読みになった方も多いのでは?
一度図書館で借りて読みましたが新書ながらもわかりやすくてボーダー、postit貼りたいところが無数にあったので、買いました。

 「銀行に預けちゃいけないの?」
とつらつら読み勧めていくと・・・なるほど。目からウロコです。というより私自身「金融リテラシー」がそれほどにない人間なために、なんでも目からウロコ情報になるんですねぇ。ホント、反省します。目論見書もね~送ってきてもほとんど詳しく読まないで、かといって捨てもできず、山になってるしね・・・。

 まさに時の人、勝間さんの言葉には説得力があります。頭のいい人の話は簡潔明瞭、かっこいい、かっこよすぎる。確かに、日本人ってこんなに働いているのにどうしてQOL(Quarity of Life)という面では他国より落ちるんだろう?と前から思っていました。

 今は最悪の経済危機状態で証券会社に預けたお金は一体どこへ?状態だし、今読むと「タンス預金でもよかないですか?」と正直ついつい思ってしまうのですが・・・、確かに「お金に働いてもらう」という道はある。
 前から何度も書いているけど、ホント、大事なことなのに日本人はよほど親しくなければお金の話は謹んで控えているし、学校でなんて全く習わない。社会にでたら忙しくて頭がそっちへまわらないで「とりあえず銀行へ」預けてしまうわけだ。中国人とお金の話をするのは本当に楽しい。ものすごく日本の金融にも詳しいし、バクチ大好きだし(!)、お互いほとんど包み隠さず話せるし、情報も交換しやすい。日本人とはこうはいかない。

 友人にも「401Kって詳しい?教えてよ~」とよりによって私に聞いてきたのがいたが(笑)、今後は金融商品も勉強していかないと生きていけないかもしれません。公的資金もご存じの通りあてにできない様子だし。

 いつも思うんですが、日々「決断すること」が多いなと思います。主婦であれば日々の献立から始まり、ダイレクトメールの重要性の有無やら、細かいこと大きいこと、本当にいろいろです。金融商品も、知って、決めるのには大きな決断力を迫られます。だからついついめんどくさく思って「とりあえず銀行へ」という思考へにげてしまいがち。この本を読むと「う~ん、それではいかん!」と思います。損をするのも得をするのも自己責任。何事もバランスよく配分しないとね(日々の栄養も、お金も)。
こういう世の中になっっている以上はもっと勉強しなくてはいけませんね・・・反省。

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
[PR]
by wenniao | 2008-10-29 23:04 | こんな本読んだ(Book) | Comments(0)
<< 不動産屋も大変だ。 スマスマにトニさんとうとう登場! >>