2017年 04月 09日 ( 1 )

「鳥肌が」「盛り塩のある家」

大好きな歌人、穂村弘さんの本。
表紙がぶつぶつしてるし、本のしおりも3本だし、閉じ目も変わってるし、装丁も気を抜いていない1冊。
日常の中での一瞬の鳥肌ものはなし、とても面白かったです。
特に凍った通帳ザクザクは、ほんと怖っ。

 その中で紹介されていたのでもう1冊読んでみました。こっちは現代版怖い怪談。
インタビューして作者が聞いた話のようですが、定かではありません。
ただ、いろんな「怖」はなしがあり、バラエティに富んでいます。夜読むのはマジ怖い(-_-)

f0067385_23104747.jpg

[PR]
by wenniao | 2017-04-09 23:09 | こんな本読んだ(Book) | Comments(0)