カテゴリ:こんな所へ行った(Place)( 238 )

春の軽井沢③軽井沢あちこち

 軽井沢はもう何度来たでしょうか。主要観光地は何度か行っているので今回は車でしか行かないであろう場所に。
まず「ムーゼの森」。絵本の森美術館のある場所です。「不思議の国のアリス」展を開催中。
ピクチャレスクガーデンという英国のガーデンデザイナーが作った自然の庭があります。
展示もその雰囲気も面白かったのですが、同行者(夫)は美術館などにあまり興味がないのでせかされてゆっくりできず。
 絵本好きな人にはたまらない場所ですんねぇ。
ピクチャレスクガーデンは…ん~個人的にはイマイチ。

つぎに「レイクガーデン」へ。
ここ、OL時代にテニスしにきたなぁと思いだしました。
その当時スイスの「レマン湖」?に似せた人造湖があったような。ちょっとさびれた雰囲気の場所と記憶していました。
その場所が素敵な「ガーデン」にへんし~んしていたので驚きです。
(でも周囲はあいかわらずさびれているのですが)
f0067385_20075074.jpg

f0067385_20082910.jpg

f0067385_20090226.jpg
f0067385_20100146.jpg
f0067385_20064027.jpg
f0067385_20091716.jpg
f0067385_20093878.jpg

バラの季節にはあと一歩でしたが、雨上がりのむせかえるほどの緑がとても素敵でした!
理路整然と植えてあるよりも、自然の森みたいな小路を歩くのが気持ちよかった(^.^)
ここはお勧めです。秋も素敵だろうなぁ~。

そして久々の万平ホテル。相変わらず人が多い。
ちょうどお昼だったのでランチ、そして名物アップルパイ!さすがによいお値段。
f0067385_20101781.jpg
最後はアウトレットをちょっとひやかして帰りました。
ここにもミカドコーヒーができたんですねぇ。何年か来てないと拡張してお店がふえてるのでびっくりです。
最後にモカソフトを頼んで軽井沢終了!
ドラマ「カルテット」では冬の軽井沢が舞台だったけど、来るならやっぱり冬以外がよい(笑)

[PR]
by wenniao | 2017-06-14 20:15 | こんな所へ行った(Place) | Comments(4)

春の軽井沢②信濃追分

 今回は車なのでちょっと立ち寄り、ができる。中軽井沢からほど近い「追分宿」に行ってみました。し~ずか~な場所です。
f0067385_22544075.jpg

まずは堀辰雄文学記念館。亡くなるまで静養していた場所が軽井沢。
実は亡き私の父、療養生活が長かったせいで共感したののか堀辰雄のファンで、私の名前も彼の作品から名付けたものです。でも主人公が不幸なため、某有名神社の神主さんにも相談し画数のよい、違う漢字に変更(^.^)
かなりの読書家だったのですね。ドイツ文学から中国文学まで!享年49歳。ちょうど今頃の緑の季節に亡くなっていて。長く生きていたらもっともっと本も読めたでしょうに。

道沿いのお店は土曜日なのに結構閉まっています。ここまでなかなか観光客も足を運ばないのでしょうか。
f0067385_22543861.jpg

f0067385_22544066.jpg
旅館「油屋」さん。懐かしい風情、まさに昭和レトロです!
今も宿泊できるようですが、1階部分はカフェがあったり、いくつかにスペースを分けて色々なアーティストさんが作品を展示販売しています。ちょっと原宿の昔の同仁会のような?季節ごとにイベントもおこなっているようです。
もっとゆっくり見たかったのですが、旦那にせかされ後ろ髪ひかれました(泣)
f0067385_23053674.jpg

f0067385_23053521.jpg
せっかくなので「分去れ」(わかされ)に。旧中山道と北国街道との大事な分岐点とのこと。
左に通じるのは京都。昔はみんな歩いたんだものね!いまだ道標などあって昔を偲ばせます。
今はアスファルトなので味も素っ気もないけれど、昔はさてどちらへ行こうか、という大きな分岐点だったのでしょう。
f0067385_22544170.jpg
これはテッセンでしょうか。絵に描いたような「おはな」で可愛かったなぁ!
もう一度来てもいいなぁとおもう場所でした。今度はゆっくりと。
f0067385_22543837.jpg


f0067385_22543939.jpg


宿泊は軽井沢銀座の奥、前は何度も通ったことのある「つるや旅館」。
直前予約だったのですが、1室だけ空いてました。6畳間(笑)!それでも週末泊まれるならと予約。
堀辰雄を始め昭和の小説家さんたちのおなじみの宿。昭和レトロな雰囲気もさることながら、かゆいところに手が届くサービスはさすが。
f0067385_22543927.jpg


f0067385_22543916.jpg


f0067385_22543998.jpg
夜はお楽しみの夕食。コースでどれも凝っていたしおいしかった~のですが、量が多くて2人とも途中ギブアップ。最近ほんとに量が食べられなくなりました。歳かなぁ・・・・。
昔ながら、なのでごはんがおひつに入ってくるのですが、もともとごはんを食べる量が少ないので、もったいなくて申し訳ない感じでした。お椀半分、というわけにもなかなかいかない(^_^;)
f0067385_22544017.jpg
(窓からの景色。朝の緑のさわやかで美しいこと)





[PR]
by wenniao | 2017-06-01 23:03 | こんな所へ行った(Place) | Comments(6)

春の軽井沢①小布施

 本当はこの週末は母と長崎ハウステンボスの予定でした・・・
2週間ほど前「なんか行く気にならない。花にも水やりしないと・・・」と宣言され、なくなくキャンセル料を払いました。
いつも元気にちゃっちゃと動く母も、この春はちょっと気が弱っている感じ。仕方ないですね。

 というわけで、予報もよいし、週末珍しく休みの旦那とどっかいくか!でいろいろ悩んだ挙句「軽井沢」にしました。
たまたまあの有名な「つるや旅館」が1室空いてました。今回は車でGO。

 5時に家を出て軽井沢までは意外に早かったけど、今回は初日は「小布施」に行こうとさらに車を走らせること1時間半ほど。
 小布施・・・遠い(>_<)

 何の下調べもなしに行きましたが、静かでこじんまりした落ち着いた街。ここまではインバウンドの影響は及ばないのか、ほぼ日本人しか見かけません。(いまどき珍しい?)

f0067385_22375986.jpg
まずは観光入口「栗の小径」。低い塀がいい。狭い道、好き。
f0067385_22335692.jpg
f0067385_22335729.jpg
建物もいちいち風情がありますね。こじんまりしたカフェも多し。

栗、くり、栗、のお店多し。和菓子にアイス、モンブラン。うっかり買っちゃうこの攻撃力。
ちょっとまて、(冷静に)今はまだ春、栗より他のさっぱり系が美味しい季節。秋は大賑わいだろうなぁ。
f0067385_22335756.jpg
小さい間口の和菓子屋さんで一休み。抹茶セット500円。
初めて知った「葉桜もち」。桜の葉を練り込んだ一見ヨモギ餅のような緑色。食べると「!」

お蕎麦屋さん多し。ここは信州だもんね!ただ私も夫もそばの良しあしがイマイチわからない。
お昼何食べるか散々考えた挙句、フレンチという選択にいきつきました。駐車場の目の前だったし(笑)
でも折角だからおそば系。そば粉のガレット、とキッシュ。これ正解!大変美味しかったです。
f0067385_22335639.jpg
f0067385_22335691.jpg
お天気もいいし、気分良く昼からワイン!飲みはじめて気がついた。
帰りは小布施~軽井沢近くまで運転してあげる!と言ったワタシ、飲んじゃったじゃ~ありませんか(^_^;)






[PR]
by wenniao | 2017-05-30 22:21 | こんな所へ行った(Place) | Comments(2)

最近はまってる?谷根千~根津

GWは3日だけ会社が休み。ほぼ通常通り。
今年の春から保育士さんになった中国人のCさんが上野に引っ越し、
祝日休みで暇だ~というのでとりあえず近くの谷根千をぶらぶらすることにしました。

谷中ぎんざ、脇道の「ひみつ堂」(かき氷のお店)は
今日は暑いので長蛇の列!Cさん興味津々。近いからいつでもこられるよっ!

まずは腹ごしらえ、で美味しそうだったラーメン店「ひだまり」で塩ラーメン。
好みの細めん、あっさり味で叉焼が美味しかったです!
Cさんは福建省出身、米麺がメインなんだそうで実はラーメンは
それほど食べないけど、好き、らしい。
保育の仕事の話、たっぷりききました。ニュースでも取り上げられてる通り
やっぱり大変な仕事なんだね。やめる人も多いけど人数は確保しないとだし。
彼女の所は引っ越し代から家賃まですべて園持ちなのだって!!
大事にされてるので頑張ってほしいわ。

f0067385_22441539.jpg
次に目指した須藤公園、藤がきれいなはずだった!のに既に終わってた(笑)リサーチ不足。
桜開花のあとすぐだったようです。
でも滝もあってなかなか静かなこじんまりした公園。夏は涼しそう。
f0067385_22441571.jpg
前回は旦那が歩きたがらず断念した根津神社めざして!
ここもなかなか素敵な神社です。小さな沢山の鳥居がフォトスポット。
f0067385_22441327.jpg
ここでもつつじはほぼ終了(笑)つつじ祭りは5日まで。はいはい(^_^;)
f0067385_22441440.jpg
最近得意の東京お散歩マップ片手に得意の細路地めぐり。
三浦坂という細い坂の途中に「ねんねこや」というお店発見。
来年?閉店してしまうようです。行く人は早く行かないと!
ちょうどのども渇いたし、猫ちゃんにつられてはいってみました。
東京下町は猫がのそのそ歩いているのが実に似あいますね!
f0067385_22441256.jpg
f0067385_22441214.jpg
お~っと、猫が・・・(この子ほんとに起きませんで)
他にも2匹きままに歩いたり。
猫カフェ、だったのか?それとも単に猫がうろうろしてるだけ・・・?
f0067385_22441365.jpg
とにかく、ねこねこづくし。
でも私たち2人とも猫が特に好きではありませんで、ごめんなさい(^_^;)
肉球の白玉が弾力あってなかなかでした。
Cさん「おばあちゃんの家で珍しい大きなコンチュー飼ってます。
こんなの(と手を広げてばさばさするしぐさ)」
アタシ「コンチュウ(昆虫)?!そんなおっきい?(さすが福建・・・)」
・・・お互い辞書調べてわかった、孔雀(3kong 4que)。
このインパクトありきで単語はすぐ覚えた。でも次いつ使うのか?(笑)
f0067385_23224865.jpg
樹齢100年はあるという有名なヒマラヤ杉。この場所よく見ますね。
意外に狭い道です。一度来たかった。
本当にお寺さんが多い。Cさんびっくりでした。

f0067385_23224874.jpg
また谷中ぎんざに戻ってきました。
暑かったので夕焼けだんだん(階段)を見降ろせるカフェで
限定ところてんセット。さっぱりして美味しかった!
Cさん、初のところてん。こんどスーパーで買ってたべてね。
人気の安いお惣菜屋さん。行列並んで揚げもの買って晩御飯のおかずに。
東京もまだまだ素敵な場所が沢山ありますねぇ。


[PR]
by wenniao | 2017-05-08 23:01 | こんな所へ行った(Place) | Comments(0)

誕生日お祝いと花の美術館

母の誕生日祝い!ということで「かごの屋」さんでランチ。
気になるメニュー「焼きしゃぶ食べ放題」。
しゃぶしゃぶの鍋?でお肉を焼いて野菜と食べる、みたいな。
他にも一品料理、お寿司、串あげ、天ぷらなども画面タッチでオーダー。
なかなか贅沢なランチでした。
幸いうちの母は元気!畑に庭仕事、ボーリングに水泳とそこらの若者より動きがよい。
周りはもうそろそろ介護介護ラッシュなのですが・・・
80の坂もつつがなく登って行ってほしいです(^.^)
f0067385_21591376.jpg
お腹一杯、腹ごなしにと花の美術館へ。
正式名称「山陽メディアフラワーミュージーアム」というのだけど、長すぎっ!
バラはまだでしたが、さすがにきれいに手入れをしてあるお花がいっぱい
f0067385_22333383.jpg
f0067385_22333300.jpg
もちろん寄せ植えはキレイに咲かせてありますね。 
f0067385_21591167.jpg
 珍しい花もいろいろ。この花はみた事ないなぁ?
f0067385_21571923.jpg
この花も金魚草に似ているけど何と言う花やら
f0067385_21572004.jpg
アイリスも時期ですね!やはり目をひきます。庭ではなかなか。
f0067385_21572184.jpg
小さい花もこれだけ集まると圧巻。色合いが春ですねぇ。
f0067385_21572071.jpg
中庭もとても素敵なレイアウト。
f0067385_21591233.jpg
f0067385_21591271.jpg
館内はすっかり梅雨(笑)アジサイと青のお花が目に飛び込んできます。
f0067385_21591242.jpg
これは和風。外国の方が喜んで写真撮ってました。
4時なると入場料無料になるので私も入れた~。
(母はシニアなのでいつでも無料)
f0067385_21591389.jpg
GW中日の充実の一日でした。近場でいいわ・・・(*^。^*)



[PR]
by wenniao | 2017-05-04 21:58 | こんな所へ行った(Place) | Comments(2)

神楽坂から浅草へ

 GW突入しました!でもいつもながら仕事なのであまり関係なしです。
 
 しか~し、行楽シーズン、家にいるのはもったいないですね(^.^)
春のお彼岸に行けなかった旦那方のお墓参りも兼ね、2人で都内へ繰り出しました。
まずは初「神楽坂」へ。飯田橋からすぐなんですねぇ。本当に「坂」なんだ!ってびっくり。
最近買った東京ガイドブックを片手に完全おのぼりさん状態です。
今回昼食後に来てしまったけど、ランチも意外にリーズナブルにいただけそうなレストランが沢山!
ここはなかなか大人の街ですねぇ、次回は是非食事しに来たいです。
f0067385_23085722.jpg

神楽坂は裏の細い路地、を攻略しないと!です。地図を見ていても「ここはどこ?」
結構人が歩いてるので、知ってる人は知ってるんだなぁって思いました。行列のできてるお店も沢山!
ここは有名な細路地の一角。バックバンドのヒールをはいてきたのは失敗だった。坂はあるわ、石畳だわ・・・(-_-;)足が疲れました。
f0067385_23092224.jpg

ドラマでもよくみてた!赤城神社。神社って古い建物のイメージだけど、ここは近代的なのがミスマッチで面白い。隣接の「あかぎカフェ」、いい場所が空いていたので窓から人を眺めてひとやすみ。都会だ~。
f0067385_23095338.jpg

また来ようと心に決めて、いざ浅草。
とりあえず浅草寺の仲見世通りにいってみたけど、
「今日は祭りかっ?!」ってくらいの人ごみで、ほうほうの体でまた一本裏通りへにげ込みました。
三社祭なんて、いったいどうなっちゃうのか?!
f0067385_23102633.jpg

無事にお墓参りもすませ、予約していたアサヒビール本社21階にある
老舗レストラン「アラスカ」へ。一度来てみたかったんです。
あのふしぎ~なモニュメントをのっけたビルの左となり。
ビール会社のビルでビアホールやレストランなんかもあるのに、なぜかいつもひっそりとしている謎の一角・・・(-_-;)
何度も前を通るけど、中に入るのは今回初めてです。
f0067385_23110131.jpg

窓からは浅草寺、その奥の「はなやしき」のジェットコースターも見えました。
ゆっくり落ちる夕陽を眺め・・・ひさしぶりにゆったりした気分です。
(その後天気予報通り雲が出て稲妻までよく見えちゃった!)
f0067385_23113263.jpg

コースはポンパレで事前購入のチケット。
こういうのは過去の経験から、正直あたりはずれがあると思うんだけど、今回はあたり!
メインディッシュ(お魚とお肉)のほかにロブスター料理も。前菜もバケットも美味しかったし、久々に満足できるフレンチのコース料理でした。ディナーで6000円でおつりがくるのはお得かと。
f0067385_23115224.jpg

↑このビシソワーズ(ジャガイモの冷製スープ)美味しかったわぁ。
f0067385_23121014.jpg
f0067385_23122793.jpg

従業員さんも慣れた方が多いのか、付かず離れずの距離感でいい感じのサービスが心地よかったです(^.^) 
[PR]
by wenniao | 2017-05-01 23:08 | こんな所へ行った(Place) | Comments(0)

ひとり旅 ③門司港

 門司港に戻ってきました。
レトロな雰囲気の建物が多い素敵な場所です。ひときわ目をひく高い建物は展望台(夜に行ったので昼はパス)。
f0067385_22233628.jpg

街も大変栄えていた様子。関門海峡ミュージーアムには昔を再現したこんな展示館もありました。
f0067385_22235783.jpg

なんとここは「焼きカレー」の発祥の地、と言われているそうな。
上の黄色い部分は半熟状態の卵。メニューによってはチーズもあるみたい。
やけどしないようにと食べ方指南を読んでから。
f0067385_22241667.jpg
174.png
こじんまりしているのですべて歩いて回れる街。このコンパクトさもよいですね。
この橋、普段はこのように普通に渡れるのですが
f0067385_23172868.jpg

時間によってこのようにあがっています。またこれが素敵な光景です。
f0067385_2319163.jpg


昭和レトロな建物の数々。旧門司税関。
f0067385_2320365.jpg

f0067385_23204931.jpg

ここは北九州市立国際友好記念図書館。
1階が中華料理店なのですが、異常に閑古鳥ないてました。まずいの・・・?
2階は日中韓関連の本が沢山!貸出もしている図書館。面白そうな本が沢山ありました。私は借りれないのが残念!
f0067385_2321493.jpg

旧大阪商船ビル。1階には細長いカフェがありました。
f0067385_23211931.jpg

ここが一番興味深い建物。旧大連航路上屋。この細長い廊下。今は埋め立て地が目の前にありますが、昔目の前に船がつき、ここからリボン?投げて見送っていた写真が!だから長いのですねぇ。ノスタルジー感じます。

 前から気になっていた場所、門司港。今回泊まりを博多にするか迷ったのですが、ここにしてよかった。
福岡(博多)からも1Day Tripでき、お勧めです。素敵な場所なので映画やドラマの舞台にもよくでてくるようですよ。日本にもまだまだいいところが沢山ありますね!
意外にも下関の地を踏むこともできたし、かなり満足。海峡の街、好きです!(*^。^*)
[PR]
by wenniao | 2017-04-28 23:10 | こんな所へ行った(Place) | Comments(0)

ひとり旅 ②下関へ

 朝一でまず下関に行こうと。下関・・・山口県です。本州の。

私のイメージでは関門橋ってすごく長くて大きいと思っていたのですが、トンネル歩いて15分、船で5分。自転車でもいけちゃう。めっちゃ近いではありませんか!
ここはやっぱり旅気分で船に乗りたいと往復乗車券買ってしまいました。
お天気も良くて海風最高。海峡、いいわぁ。よく考えたらトルコのボスフォラス海峡以来の「海峡」
★♪♬ ♫♪♬ヽ(*´∀`)ノ
f0067385_22220172.jpg

f0067385_22222617.jpg

あっちゅうまに下関に到着。いいお散歩コースですね!最高の眺めです(*^。^*)

ついてすぐにカモンワーフという複合施設があり、レストランなどひしめいています。もちろんふぐ・ふぐ・ふぐ~
下関は「ふぐ」なんですねぇ。でも美味しいのは冬なんだそうで。私「ふぐ刺し」食べた事がないのですが前日まで胃腸をこわしていたので無理は厳禁。(といいつつ夜フライは食べたんですが)
f0067385_2353581.jpg

f0067385_22225971.jpg

すぐ近くに「唐戸市場」という場所があって。魚はもちろん食材、お惣菜(週末だから?)も売っています。
一般の人も自由に入れるので、好きなものを買って、自販機でビール買って朝からみなさん外で朝ごはん、なんて人も沢山!いい場所だ!
f0067385_2355015.jpg

f0067385_236254.jpg

すぐちかくに源平壇ノ浦合戦のときなくなった安徳天皇を祀ったという「赤間神社」という平家ゆかりの神社があり。平家一門のお墓がありました。海に面していてなかなかのいい立地です。
f0067385_236863.jpg

観光客は圧倒的に韓国の方が多い!そりゃそうだ、近いものね~。
[PR]
by wenniao | 2017-04-27 22:21 | こんな所へ行った(Place) | Comments(0)

ひとり旅① 福岡へ

 福岡在住の中学時代の友達Nちゃんに会いに行きました。
彼女はご高齢の両親と暮らしていましたが、2人とも認知症を患い、入退院、介護・・・と大変な数年を過ごしてきました。昨年から相次いでご両親を亡くしてしまい一人になってしまった彼女。病気を抱え周りに友達もいないのでとても心配していました。
 えい、いっちゃえ福岡。久々のひとり旅!

 今回久々のLCC(jetstar)利用、初めての成田第3ターミナル。
行きの電車が20分遅れ、第二についたら先が長い!ゲートににたどり着いたらもう飛行機に搭乗~
LCCの時は時間にかなり余裕をもっていないと怖いな・・・(-_-;)

福岡は便利。空港と博多、天神がちかい。天神は前日3億ものお金が盗まれましたねぇ・・・犯人はどこへ。
天神地下街時計前でNちゃんと待ち合わせ。無事会えました(^.^)

彼女行きつけの喫茶店でランチ後、たまたまお店にあったチラシをみて福岡博物館へ!行き当たりばったり
ポンペイ展、面白かったです。
f0067385_22551227.jpg

f0067385_22542796.jpg

まだしゃべりたらないので博物館のカフェに。
ここはいつも混んでいるそうですが、この日はたまたま空いていて、ラッキーでした。
景色もよくていい場所だった。おしゃべりといっても今回はNちゃんの話を聞こうと福岡に来たので、完全に聞き役です。
f0067385_22534730.jpg


f0067385_22571873.jpg

あっという間に時は過ぎ。いろいろ問題はまだ山積みだけど頑張ってほしいです。
彼女と名残惜しくも分かれ博多へ。

特急に乗って一路門司港へ。到着が遅くなったのですっかり日も暮れ・・・
夜景は見とかなくちゃ、で暗くなったのに展望台へ。
おお~これが関門橋!
f0067385_22574432.jpg

宿泊は有名な門司港ホテルではなく、ルートイン門司港。
駅からバスもでているし、関門橋を眺めての大浴場もあり(朝しか見えない気がする)。
夜は名物だという「ふくフライ丼」。ふわふわで美味。ふぐ、生まれて初めて食べた~(*^_^*)
f0067385_23023338.jpg

[PR]
by wenniao | 2017-04-24 22:48 | こんな所へ行った(Place) | Comments(2)

恐ろしいほど懐かしい同期会

 昨日は以前勤めていた会社の同期会にお誘いいただき、おそるおそる出席してきました。

思えば会社を辞めて四半世紀以上近く経っていて、思わず計算間違いかと思うほど(^_^;)

 みなさん背広着てずら~っと椅子に座っているところに行ったのですが、
「取締役会・・・」と思うほどの貫禄っぷり。
そりゃそうです。一緒に入った男性陣は大卒、学院卒、中には博士卒、なのでみなさんアラウンド定年。
男性18人女性4人の参加でした。

 幸い私は人事にいたため、社員の名前は覚えている方・・・しかし時を経て、色々な変貌を経て、なかなか思い出せませんでした。 お互いさまですけど(^_^;)
 ただ、話していると昔と変わらない方が多くて、なんだか嬉しくなってしまいすね!
しかし社内結婚、いやいや同期結婚もとっても多くて、ややっこしくてたまらない(笑)

私、古いアルバムから入社すぐにみんなで行ったお花見の写真を持っていったのですが、
「こんなのよく持ってたね!?」
あれ、みんな持ってるんじゃないの?やっぱりこういうときの写真っていいです。当たり前だがみな若い!(笑)

 私は旧ビルしかしらず、みなさんは新ビルに移ってもずっと同じ会社で働いてらっしゃったんだなぁと。
(転職した方もけっこういるようでしたが)
同期入社で同じ部に配属になったTさんが欠席でちょっと残念。
 とても懐かしく、おしゃべりに花が咲いたひと時でした。次会までみなさんお元気で(*^_^*)
[PR]
by wenniao | 2017-04-13 23:01 | こんな所へ行った(Place) | Comments(4)