カテゴリ:映画一般(Movie)( 65 )

「君の膵臓をたべたい」

 

 なかなか衝撃的なタイトルで、本もかなり注目されていますね!
そのわりにはきれいな装丁だし、どんな内容なのかなぁと興味はありましたが、まあよくある青春小説なのかなって思っていました。

 今回、旦那さんが見たいというのでさっそく見てきました。
見始めて「な~る、これが(彼が)見たがった理由か~」と・・・
実は旦那さん「星の王子様」好きなのですよ。(別にグッズを集めて言うわけではなくあくまでも作品のファン)
本好きにはたまらない仕掛けもあちこちに。

 原作とはちょっと違うらしいですが、とても奥が深くて面白かったです!よくできている構成で感動しました。
もちろん本物の膵臓はでてきませんのでカニバリズムでもないし、グロくもないです(笑)

 これはなにも先入観なく見に行った方が面白いのではないかな?
いろいろ考えさせられる、ただの恋愛ムードたっぷりの青春小説ではない作品でした。


[PR]
by wenniao | 2017-07-31 10:38 | 映画一般(Movie) | Comments(0)

「十年」



「十年」 香港映画

香港返還は1997年。
昔,艾敬という女性歌手が「♪1997~」と歌っていたのでよ~く覚えていますこの年号。
今年ははや返還20年なんですね。
香港は旅行やコンサートで一番訪れている「外国」ですが、行くたびに少しずつ様変わりしています。

この映画は香港の近未来を描いたオムニバス映画。単館上映。
初日だったのですが、この日しか行けないかも!と即効見てきました。
おかげで初回は満席、2回目上映まで灼熱の新宿で時間をつぶすという・・(もちろん建物にいましたけど)。
製作監督等お二人の舞台挨拶も聞くことができました。

さすがに政治的にデリケートな部分が多いため、香港で連日盛況だったのにいつの間にか打ち切りにあったとか、製作スタッフは中国入りしていないとか、近未来を描いたのは制作費もかさまないからだとか。。。いろいろ面白いお話を聞きました。

一番わかりやすかったのはタクシードライバーのお父さんの話。
教育も「中国語ができないと」にシフト。こつこつと家族のために頑張っている自分より大陸からきた若い中国人パパのほうが金持ちでいい車に乗っている。近未来というより今、既にもうこんな状況ですよね。せつないです。

大好きな香港映画「ラブソング」。
香港にあこがれて中国から出稼ぎにでてくる男女2人のストーリーですが、当時は香港という自由な大都会にあこがれ、中国語はダサイので話さないようにしていた時代。こんなに変わりつつあります。
今後の香港からも目が離せません。いい方向に向かうとよいのですが。



[PR]
by wenniao | 2017-07-29 10:17 | 映画一般(Movie) | Comments(0)

映画「美女と野獣」




 評判の「美女と野獣」見てきました。
旦那と一緒にみたので彼の希望で何と!「吹き替え版」に甘んじました(^_^;)
見始めてから、あ~やっぱり字幕にすりゃよかったと。
(それでも彼は途中寝てましてん)

「ハンカチ必須だからね!」とみた人が皆言うのですが、
なんといっても予定調和。魔法の世界。ある意味安心して見られました。
起承転結はっきりしてるし。
「ルミエール」って灯とか光、とかのフランス語ですよね。

個人的には「おもてなし」の場面が面白かった。
舞踏会の場面は、もう「まってました!!」
観終わった後、しばらく音楽がとれなくなる(*^。^*)


[PR]
by wenniao | 2017-05-17 23:31 | 映画一般(Movie) | Comments(6)

「君の名は。」



噂の映画を旦那さんと観てきました!
数日前から行こうと誘っていましたが、彼はアニメなのでしぶっていました。でも朝のワイドショーを見ていたらコーナーで紹介され、にわかに観たくなったようです。
 
 な~るほど、すごい、キレイ、感動しました!これはあらすじは書けません(^.^)
テンポもいいし、どんどんひきこまれてあっという間のエンディングでした。

*最初、よくある話かなと思っていたけど、全然よくある話ではなかった!
*外国人もこれは絶対面白いと思う。
*クラスメイトの男の子役、実写でしたらきっと高畑裕太あたりがぴったりと思った。(残念な役者さんだ)
*スマホ、が結構メインでしたね。高校生だもんね、フル活用。
*電車や窓がしまる所、あんな角度で観たのは初めて。印象的。
*まさにこのブログテーマ「有縁千里来相会」~あの二人はすごい縁で結ばれてたんだね。
*旦那いわく「週に2日くらいならピーちゃん(うちの文鳥)になりたい」←そこか

 これはお勧めです。
[PR]
by wenniao | 2016-09-14 22:57 | 映画一般(Movie) | Comments(0)

はまってます「ハンガーゲーム」

 

 日本ではいまひとつヒットしなかったのに4部作まである「ハンガーゲーム」。最近最後の章が公開され、またはまっています。 
 実は最初は貴志祐介の「クリムゾンの迷宮」という作品があって(これもかなり面白い!)、それに似てるな~と思って見始めたのですが、そこは「殺し合い」ゲーム、残酷なシーンが多いと思いきや、実は少ないんです!そこが日本で受けなかった理由なのかもしれませんが・・。
 そして映画だけ観ていたのではイマイチ伝わらない事が数多く、本を読むともっと深いことに気が付きました。

年末年始、観る作品に悩むならお勧めします!

 首都キャピトルに支配されている12の地区。パネム(国家)では過去に大きな戦争がおこり、沢山の犠牲者がでて国は荒れ、政府が沈静させました。その記憶をとどめるため、年に1度12歳から18歳までの男女1人ずつが各エリアから選ばれ、たった1人生き残る「ハンガーゲーム」を開催。その模様は細部にわたるまで全国に生放送され勝者には一生困らない生活と地位が与えられます。
 主人公の少女カットニスは選ばれてしまった妹プリムの代わりに自ら出場を決意、ゲームに参戦。

 キャピトルは高度な近代文明都市で住人達はなにも不自由なく暮らしています。もちろん子どもたちはそんな恐ろしいゲームに参戦することはありません。残る12地区(13地区は事実上崩壊・・・)はキャピトルの生活を支えるため各々産業を持っていて、地区によっては貧しくその日の食事にも困るほどの生活を強いられています。

ネタばれでよろしければ・・・
[PR]
by wenniao | 2015-12-15 22:32 | 映画一般(Movie) | Comments(0)

「ドラえもん Stand by me」

 Facebookにはすぐアップしたのですが、こちらは遅くなってしまいました。
というのも最近あまり体調がすぐれず・・・不眠、肩こり、頭痛&いまさらの残暑に悩まされてます。これって更年期症状かなぁ(-.-)。寝込むほどではないので仕事はしていますが、珍しく毎日どよ~んとしています。そのうち慣れるのか?



 さて、先日会った友人も見てよかったというし、旦那さんが「羽鳥さんもドラ泣きしたらしいからみてみたい」というので仕事おわってからイオン幕張モールまで。遠いよ・・・・(>_<) しかもドラえもん、3Dじゃなくていいよ(笑)

 いつもはシネプレックス幕張御用達なのだけど、一度ここで見てみたくて。
そしたら3Dメガネを100円で買わされました・・・。

 で、映画は私はけっこううるっとくる場面もあって3Dでよかったかもとおもう映像でした。ドラえもんの鈴までリアル(3DCG実写版だから)。大山のぶよさんの声でないのが残念だったけど、でもドラえもんのせりふ回しとか、なかなか可愛くて。
 
 で、旦那さんはどうかというと、「アナ雪」もそうだったけど、やはりアニメ顔をずっと見ているのがしんどいとかで、早く終わらないかなぁと思ってみてたそうです。本人いわく
「もう漫画が楽しめない歳になった」とぼやいておりました。大人になったというか、子供心がなくなったというか・・・複雑だわね(笑)
でも「しずかちゃんが可愛いかった」そうで、よかったこと。

 羽鳥さんはなぜドラ泣きしたのか、はわかる気がしました。
そばにいることが当たり前の存在が、ある日自分の居場所からいなくなる時が来る。
ドラえもんがいなければ、過去に戻ってやり直したくても戻れない現実がある。
そういうことなんでしょうね・・・。
お子さん的には「未来は自分の努力や考え方次第で変えられるんだ!」という前向きな話ってことで(笑)

 平日夜のイオン幕張モールは従業員の方が多い?くらい・・・いつも必ず行列しているハワイアンパンケーキのお店もガラガラ~だったので、一度食べてみたかったフルーツたっぷりのパンケーキに挑戦。ソースが3種類(メープル、オレンジ、ココナッツ)。けっこういいお値段だしね、それなりに美味しかったです。涼しくなると急に太りそうになるね(笑)
f0067385_13383713.jpg

f0067385_13385894.jpg

[PR]
by wenniao | 2014-09-06 13:44 | 映画一般(Movie) | Comments(0)

「ノア 約束の舟」

 
f0067385_15355146.jpg

 ちょっと前の話になってしまいますが・・・
旦那さんと観てきました。簡単にいえば「ノアの方舟」の映画です(笑)
なんだかざっくり知っていて、詳しく知らない話ですよね。
方舟伝説は実はトルコ東部のアルルット山だといわれており、それつながりで見に行ってみました。
 
 さすが旧約聖書、ってくらいでけっこう「教訓」のようなものがちりばめられていて、なるほどなと。ぶっちゃけていえば、木製のあのような作りの巨大舟で・・・無理じゃん?と思ってしまいましたが、そこは、「伝説」。
 旦那さんはもともとの話をあまり知らなかったらしく、私が観た後解説してあげたら「ほほ~う」と基本的に感動していました。ヾ(- -;)

 偉業を成し遂げる男は時に孤独だ。 

 
[PR]
by wenniao | 2014-06-28 23:36 | 映画一般(Movie) | Comments(4)

「アナと雪の女王」

 今話題の映画、ディズニー「アナと雪の女王」を観てきました。吹き替え版ですが。
映画の日も増税で1100円になりましたな~。

 最初見始めは「わお、目の大きなアニメ顔。最後まで見られるか?」
と思ったのだけど、ぐいぐいひきこまれちゃいましたね~!さすがよくできてる。

 最近のアニメーション技術ってすごいね。まるで生きてる生身の人間みたい。
でも内容的にはアニメでないとなかなか表現できない世界観だった。後半は迫力もあったし。
ああいう童話のような話でありながら、アナがまるでいまどきのギャルのようで、面白かったな。
ずっと凍ったままの冬の世界だと見てる方もつらくなるけど、途中雪だるま君のあこがれの夏の話をいれたり。色づかいもきれいでした。
 そしてなんといっても松たか子、歌、うまっ!ほれぼれします。
♪Let it go,let it go~を「ありの~、ままの~」に訳したところにいたく感動した(笑)

 たぶん最後はこうなるであろう的な想定内の結末も、ある程度安心感があっていいもので。音楽はどれもこれもすべてよかったです!これはサントラ、売れるだろうなぁ。そのうち「劇団四季」でもやりそうだなぁ。エレクトーン楽譜、早く出るといいなぁ(ってプロ頼み)。


[PR]
by wenniao | 2014-04-02 22:24 | 映画一般(Movie) | Comments(6)

「永遠のゼロ」

f0067385_22114088.jpg
 
 原作を読んだ人が周りにもめちゃめちゃ多いですね、「永遠のゼロ」。
映画化すると聞いて、しかもジャニーズ岡田君と聞いて、「どんなんだろ?」と思いましたが、すっごくよかったです。原作をうらぎらない。
 活字離れしている若い世代が沢山見てくれるといいなと思う。

 CGってすごいね・・・・
実際零戦には全くのっていないのに、俳優さんたちの演技と技術で、本当に乗りこんでいるようにしか見えないもん。
 本を読んだ時も「空母がやられて帰れなくなった飛行機って虚しいだろうな」と思ったけど、映像でも本当に虚しくみえた。ましてや仲間がそこにいるのだから。

 毎日生死と向き合う生活って想像を絶します。今の世の中、とくに平和な日本ではありえない。でもちょっと前の話なんですよね。そしてその口をつぐんている方多く、つぐんだままこの世を去っていってる。今回のインタビューでも、孫である青年が聞きに行ったから話したわけだから。
 あの時代の人は、みんな大変だったな・・・
 やっぱり、あの時代があったから今がある。それを忘れてはいけませんね。

 香港へ行ったとき「風立ちぬ」の宣伝をしていました。「風起了」、というタイトル。
中国領だけど、ちゃんと上映するんだなって思いました。
「風立ちぬ」も「永遠のゼロ」」もそうだけど、戦っている敵国のことはサラッと流すといころはさすが日本の作品だな、と思う。
[PR]
by wenniao | 2013-12-29 22:25 | 映画一般(Movie) | Comments(2)

「風立ちぬ」 ジブリ作品

f0067385_233916.jpg
 
 珍しい!私がジブリを見に映画館に行くとは。

 後日に書きますが、本屋大賞、百田尚樹さんの「永遠の0(ゼロ)」を読んだばかり。
そしてこの作品は私の名前の由来となった堀辰雄もからんでいるというではないですか。
これは見に行けと言われているようなもので。

 あらすじは書けませんが、とてもよかったです。
戦闘機を作るとはいえ、「人が鳥のように空を飛ぶ」のは人間の憧れ、夢ですよね。
いいものを作りたい、夢をかなえたい、という気持ちが、結果、「戦争」という悲劇の一道具になってしまうのはやっぱりせつなかったろうと思います。
零戦。爆弾をつまない、という設定だったらもっといい飛行機になっていたのかもしれない。

 こと日本男児「仕事仕事」の一辺倒になりがちだけど、この二郎さんのように、愛する人のことも十分に思いやりながら仕事も立派にこなす、これぞ理想の男性(^.^)。若いころに欧米に視察旅行に行ってたからだ、と私は思ふ(笑)。

 荒井由美の「「ひこうき雲」、またまた人気でてますねぇ。これも作品にぴったり。

 ちなみに・・・私この作品のヒロインと同じ名前です。
 亡き父は若いころ結核で療養所にいたほど身体が弱く、堀辰雄のファンだったそうで、子供(私です)に名前をつけるときにもう決めていたそうです。
ただ主人公が不幸な人生だったため、かの香取神宮の宮司さんに響きはそのまま、いい漢字をあててとお願いしてくれたおかげで、今の私がある(のかも)、と。両親に感謝。

 現代社会、自殺者が多い。「永遠のゼロ」でも「風立ちぬ」でも「生き抜く」ことがテーマ。
実は基本的な、一番大事なことだよね。
難しい哲学とかわかりにくい宗教ではなくて、身近なわかりやすい作品で少しでも考えることができれば違ってくるんじゃないかなと思います。
[PR]
by wenniao | 2013-07-31 10:00 | 映画一般(Movie) | Comments(6)