カテゴリ:小鳥(Birds)( 56 )

文鳥がちゃがちゃ、みっけ!

 話はさかのぼる事、軽井沢の帰りです。

 早めに東京駅に着いたので、9月20日オープンしたばかりの「グランルーフ」へ行ってみようということになり・・東京駅、どんどん進化していくので追いつかないよ!!
こんどは八重洲口の方ね。
f0067385_104826.jpg

f0067385_10481771.jpg

ひろ~い展望台ってかんじ?でもまだ目の前工事中だし、そう眺めがいいわけではありません。
この下もいろいろリニューアル。
以前の「キラピカ通り」が変ったみたい。この「キラピカ通り」、なかなか行こうと思っても昔いけなかったのよね・・・わかりにくかった。そこがリニューアルしたみたいです。

 色々なお店をひやかして歩いていたのですが、噂に聞いていた文鳥ガチャガチャを偶然発見!!狂喜乱舞いたしました!
ほら、こんな小さい女の子も迷わず「ことりしゃん♪」といってお父さんにおねだりしてたよっ!
f0067385_1051874.jpg

ガチャガチャなんて・・・何十年ぶりでしょか。
結局なんだかんだでこんなに出してしまいました。一度はコインが詰まってお店のお姉さんが、ばかっと上をあけ「お好きなもの取っていいですよ♪」とまで言われました(笑)。
f0067385_10525142.jpg

桜文鳥はちょっとデフォルメされてますが、白文鳥とシナモン文鳥はもう本物そっくりです。
白文鳥「もち寝」もそっくり。(我が家では文鳥まんじゅうという)
この右はじのシナモンの「見返り座り」が欲しかったんだよなぁぁぁぁぁ!!
(がちゃがちゃの宿命)

 そしてその上にはなんと「あまちゃん」ガチャガチャまでありました。
f0067385_10555352.jpg

300円、たかっ。まあ旬といえばまだ旬ですから。
それで1個買って、これ。
f0067385_1056377.jpg

まめぶクリップが欲しいよぉ~ということでもう1回やってみようとしたら、取引中止。
またお店のお姉さんがすっとんできましたが
「ありゃ~完売です!昨日入れたばっかりなのにぃ。すごい人気ですねぇ」とのこと。
大人買いしてる人、いるねこれは。

 しかし、ストラップって。もう携帯もないし。
STAGEA(エレクトーン)のデータのUSBにつけちゃお★♪♬ ♫♪♬ヽ(*´∀`)ノ
[PR]
by wenniao | 2013-10-11 10:59 | 小鳥(Birds) | Comments(4)

NHKあさいち、インコ人気きてんの!?

 ちょっと古いネタですが・・・。
木曜日のNHK「あさいち」のトピックに目が釘ずけ。
 
「女がハマるインコの魅力」

 ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン! なんですか、この特集は!
知りませんでした、インコブーム、来てますか?!
・・・っちゅうか、NHK,ネタ切れですかっ?(笑)

最近飼い始めたという千葉県の主婦の方。背後のインコにネックレスをもてあそばれつつインタビューに応じてます。オカメインコもめんこいなぁ。
f0067385_1456828.jpg


雑貨でもインコ人気に火が!?
私文具メーカー「ミドリ」の鳥さんシリーズには完全にハマっております(^_^;)
インコは色がきれいだもんなぁ…ブンチョは地味やけん。しかしイノッチ、しかめっつら・・・
f0067385_14581743.jpg


 でた~!行ってみたい店「ぽこの森」
旦那さんがよく神戸に出張に行くので、行ってきてみて~とよく言っているのですが
さすがに男一人じゃ入りにくいとのこと(そりゃそうだ。怪しい)。
f0067385_14595450.jpg

韓国ソウルで行った鳥カフェは、本物がテーブルに飛んできてお菓子をパクリと食べて行きました。(HP記事参照)
日本じゃ営業許可、でませんよね・・・やっぱりガラス張りよね。
f0067385_1512057.jpg


 ちょいまえに「インコ味」「ぶんちょ味」のアイスができたことは知ってます。
意外にもすごい人気で売り切れたらしい。コレがそれだね。
たしかに、わんにゃんと違って肉魚食べないから身体もいいにおいだし、食べちゃいたいくらいかわいいブンチョだけど、アイスにして食べようという発想はないな・・・。でも一度は食べてみたいぞ。
f0067385_1505855.jpg


 というわけで、朝から興奮した一日でした。ブンチョブームは来るのか?!

 
[PR]
by wenniao | 2013-08-30 23:04 | 小鳥(Birds) | Comments(2)

今年もノギス、なブンチョたち

 一気に梅雨明け、そして連日猛暑。
人間もダメージ受けてますが、ブンチョさんたちもまた「ノギス」状態となりました。
ノギス、ってこれね。
f0067385_12104197.jpg

くちばしの開け方がそっくりなので我が家ではそう呼んでいます。
人間だって最近口で息しちゃってるしね・・・いくら原種はジャワ島出目だといわれても生まれは日本育ちも日本、ですもん。

 というわけで毎年のことながらの冷房対策。
私が出掛ける昼過ぎに、大きめの保冷剤をタオルでくるみ、カゴの上においておくだけ・・・。冷気は下に落ちるので。簡単です(^.^)
f0067385_1217216.jpg

 ちゃんとわかっていて、一番涼しいところにいるシナモンちゃんです。心地よさそう・・・
頭寒足熱、ちゃんと理解しておるっ!でもちょっと頭キンキンじゃないかいと思ったり。
 相変わらずちょっとおバカなぴょんすけ(桜文鳥)は、夜中12時ころ水浴びとかしてます。むんむんするんでしょうね・・・(笑)。宵っ張りすぎ。

 パート仲間で小型犬を飼っている家は、一日中冷房つけてあげているとのこと。な~んか、大変ですね。その冷やしてある部屋に人間が避難してくるそうです。お犬さまさま・・・。
 人間も暑さ対策、万全にして猛暑を乗り切らなければですね。
[PR]
by wenniao | 2013-07-15 12:21 | 小鳥(Birds) | Comments(2)

春一番の珍客

 あっちゅうまに3月突入、いい感じで1日に春一番が吹きましたね!
洗面所に置いてある最近愛用の「ホホバオイル」が、この日は解凍(?)していたので「おお~!」っと思いました。このオイル、温度7度で固まってしまう(冷凍したみたいに)ので、冬場はほぼ凍結状態なんだけど、1日は我が家のシベリア、洗面所も8度以上だったという証拠です(^_^)
 でもまた逆戻りしちゃったね、残念。

 この春一番に誘われたのか、今週は珍客がいらしていました。
f0067385_1184312.jpg

 「こ、この子は一体誰なのっっ!?」

 サイズ的にも微妙に大きく、ひまわりの種を餌台でバリバリと豪快に食べていて。物おじせず悠然としています。早速本で調べると「シメ」という渡り鳥の一種。
母も「今まで生きてきて初めて見る鳥」とびっくりしていました。
 多分今までもひまわりの殻が餌台に散乱していた時があったので、時々来てたんでしょうね。
私達もずっと見張っているわけではないので(^^ゞ
 いやいや、いろんな鳥さんが噂を聞きつけてやってくるもんです。写真にはとれなかったけど、ジョウビタキなんかもたまにやってきます。

 相変わらずシジュウカラとメジロは冬なのに元気。
f0067385_11212310.jpg

シジュウカラは種をもってタタ~ッっと飛んでいき別の場所で食べています。
f0067385_1121491.jpg

ちょっと離れたアジサイの枝でくっつくメジロペア。超微笑ましい(#^.^#)
f0067385_11225926.jpg


で、ウチの文鳥さんはというと・・・・おい、こら。
f0067385_11232734.jpg

 「だってあったかいんだも~ん。なんか文句ある?」と、言いたげなシナモンちゃん。
早くもっと暖かくなるといいねぇ。
[PR]
by wenniao | 2013-03-03 11:27 | 小鳥(Birds) | Comments(2)

今日は「文鳥の日」です!

 10月24日は「文鳥の日」でした。

なんで?なんでしょ。
「日本記念日協会」HPから抜粋しますと

「文鳥にくわしいライターの伊藤美代子氏が制定。
日付は10と24で「手に(10=テンと2)幸せ(4)」と読む語呂合わせと、
この時期に手乗り文鳥のヒナが出回ること。
それに「1024」の数字で、文鳥の姿をあらわせることなどから。
江戸時代から愛されてきた文鳥について考える日。」

 とあります。むむむ・・・難しいですね。
ともあれ、めでたいぞ、と。

 そこで久々、ウチの文鳥様2匹のお姿です!
まずはシナモンちゃん(女の子)。
f0067385_23211365.jpg

性格*綺麗好き、水浴び大好き、朝寝坊さん
おとなしくて相変わらずの「カゴいり美人さん」です。
超可愛いでしょ(#^.^#)←親ばか 

 さて問題なのはニューカマーのピョン吉、ピョン助です(名前はその時でいろいろ変わる)。
f0067385_23222314.jpg

 いや~性格も変わっているけど、顔つきも半端なく変わってます(^^ゞ
なぜ、ほっぺが白くないのだろう?(笑)
性格*小心者、なかなか学習しない、隣のカゴで過ごすのが大好き、人嫌い

 いままで数々の文鳥様を手乗りで育てていて、こ~んなに慣れない文鳥は初めてです。
それでもなぜかダンナさんには少々慣れています(悔しい事に)。
私が手に乗せようとすると、機嫌が悪いと「ギャッ」というんですよ、断末魔の叫び(>_<)
そこまで嫌われるか、アタシ・・・
今、のびた爪を切ってあげたいのですが、これ以上嫌われるのが怖いです。
 また羽が生え変わったらこのほっぺはどうなるのか、興味があります。

 鳴き声もちょっと変(笑)。ま、先生がいないので仕方ない、自己流だ。
下手するとこの子、「文鳥ではないのでは?」と思ってしまう時もあり・・・(笑)。
いい加減、いろんなものを見慣れて欲しいと切に願う。
  
[PR]
by wenniao | 2012-10-24 23:28 | 小鳥(Birds) | Comments(0)

小鳥だって、暑いのさ

f0067385_10421740.jpg
 
 久々の文鳥ネタです。
そろそろ文鳥達も、くちばしパク~の時期がやってきました。
やっぱり・・・暑いんです。(体温40度でも)
午後はカゴの上には保冷剤をタオルにくるんで、おいて出かけます。
(冷気は下に落ちるので)

 桜文鳥ポンちゃんにとっては初の「日本の夏越え」。
そろそろ大人の羽に変わってきて、やっと「かるがも」から脱した感あり。
でもなぜかきりっとした顔だちはそのまま(^^ゞ・・・男前です。(オス、かどうかまだ不明)
母曰く「時代劇にでてきそう」 ← どんな文鳥やっ。

 最近は夕方6時7時が「ぐずりなき」タイムで永延と独り言を言っております。誰も聞いちゃいませんが、楽しそうです。
 とても元気なんですが、気になることがひとつ二つ・・・・それは

まず一つは「飛べない」事です。(>_<)

 カゴの中の止まり木の行き来には全然問題ないのですが、飛べません。羽が生えそろったら飛べるのかな~と様子を見ていましたが・・・
 おかげで名前が「ぴょんすけ」になってしまいそうです。
 病院に連れて行ってもかわいそうなので、まだ要観察。

もうひとつは「慣れない」事です(>_<)

 いままで数々の手乗り文鳥を育ててきましたが、こんなに慣れない子は珍しいです。どうしてやん??いまだに人の手を怖がります。
 一度今はやりのモモンガのような緑色のセーターで(袖脇がバサバサしてるやつ)カゴから出してしまったことがあって、そのあたりから怖がるようになった気がして。
 いつまでも私の事は「モモンガ」だと思っているんでしょうか・・・(-_-;)
でもモモンガとは関係のないダンナさんにもあまりなついていません。

 どうも風貌から「孤高の武士」みたいで(^^ゞ
「人になんかなつくか、フン」という雰囲気が漂っています。前世に何かあったかいな?

 歴代の文鳥さん達より性格もかなり変わっていて、なかなか観察していて飽きない子なのですが、今後どう成長するのかちょっと楽しみです。文鳥って個々の個性がかなり違うのでホント、面白い。
[PR]
by wenniao | 2012-07-17 10:44 | 小鳥(Birds) | Comments(2)

残念。

 雀のヒナちゃんですが、3日目でお☆さまになってしまいました。

 家族で餌を食べさせて見守っていましたが、介護のかいがなく残念でした。

この子は、フィンチ系によくみられる「てんかん」の気があったようで、ときどきひっくりかえる発作を繰り返してました。それで巣から転げ落ちたのかもしれません。
 一生懸命生きようとしていた。助けてあげられなくてごめんね。

 運よくこのまま育っても自然界では生きていけない子だったのかな。今度生れてくる時は元気な子雀になっておいで。
[PR]
by wenniao | 2012-07-04 09:41 | 小鳥(Birds) | Comments(2)

雀の子落下事件 その2

 事件です。 

 本日午後、またなにやら玄関前が騒々しい。そして
「早く来て~また落ちてたよ!」と母の声。

 何がまた落ちてた?!

 ・・・また雀のヒナです\(-o-)/
今度は先日の向かいの家の庭。このあいだの雀の子事件にも首をつっこんでくれたおばあさんとおじいさん、ついでに裏のおじいさんまで。
 
 今回落下したのは前の子よりも小さいのだ・・・

「まったくお母さん雀は子育てが下手だよ!少しは飲むでしょ、こうすれば。」
とおばあさん。小さい牛乳パックをじょぼじょぼ子スズメに浴びせてまして。
 冷たい牛乳浴びて体がブルブル震えている子スズメちゃんを残して私が去れましょうか!前の子は行方不明になってしまったけど、この子はちょっと見捨てられなかった。

 というわけで、我が家でひきとり、当面育ててみることにしました(-_-;)
ピヨ母再びです。なんといってもヒナ飼育セット一式ありますからね・・・・

 豆乳に栄養剤を混ぜたものを温め少しくちばしの脇から飲ませてあげ、入れ物をホカロンで温めていたら、30分くらいしたら元気になり、うちの文鳥たちのさえずりに反応するではないですか!
 そのうちピーピー言い出したので
「お腹すいたな」というところで、とにかくご飯を口から入れることに。
とにかくくちばしを開けさせないと、で、いろいろ考えて「耳かき」(竹製)を使いました。
これが実にナイス!

 ちょうどあった粟だま、カルシウム、青菜の粉末、栄養剤を温めふやかし、無理やりくちばしをこじ開けて、ダンナさんに専用ペレットで餌を押し込んでもらいました。
彼は一応ピヨピヨの育児経験豊富(*^^)v でも二人がかりじゃないと手が足りないよ・・・。

 とにかく餌を食べるか食べないかは死活問題ですからこっちも必死。食べてくれてホッとしました。しかし、私も仕事がある身。どこまで世話をしきれるか・・・

 雀の母さん、ヒナぽろぽろ落とさないでちょうだい。頼むよ・・・(-_-;)
(2階の屋根の巣から落ちても落下により死亡、はないんだね。すごいな)

f0067385_22562788.jpg

 つぶらな瞳がチョ~可愛い。生きておくれ・・・。
[PR]
by wenniao | 2012-07-01 23:02 | 小鳥(Birds) | Comments(6)

雀の子落下事件

 本日突然ウチの前の玄関で母が雀のヒナを発見。
「大変大変、早く来て!!」と大声で呼ばれました。
もう毛並みもいっぱしの雀ちゃんですが、飛ぶ所までは育っていない様子。

f0067385_20244767.jpg


 家の向かいのおばあちゃんも出てきまして
「きっと隣の家に巣があると思う」という情報。その家には猫が2匹いるのだわ。

 そして明らかにお母さん雀(いや、お父さんかもしれないが)と思われる雀が電線にとまっていて、ヒナと会話をしている様子。
もしやと思って文鳥の餌も試してみたけど、やはり親鳥からでしか食べないみたい。

 時間はお昼前。母も私も出掛ける時間が迫っていて、そのうち向かいのおじいちゃんも加わり、はてどうするかと喧々諤々・・・。
 巣に親がヒナを戻すことはもはや不可能、ウチで育てるか・・・?

 しかしこの年配者3人が出した結論は
「もう巣から落ちた時点でもはやあかんだろう。だてに家で飼ってみても死んでしまう確率が高い。親鳥がいる前でもあるし、しばらくほっておいてみては」。
 ということで玄関上の大きめの鉢へおいて親鳥の目につくようにしておきました。
 気になりつつも私は仕事へ。

 夕方母が帰ってきたらもう姿がない、そうで。
どこへ行ったの!?悪い事は考えない考えない。
元気でどこかで生きていてくれるといけど・・・。
f0067385_20251671.jpg

親鳥を待つ後ろ姿。せつない・・・
[PR]
by wenniao | 2012-06-27 20:25 | 小鳥(Birds) | Comments(6)

ピヨピヨ来了~♪

 とうとうお迎えしてしまいました、ウン代目のポンちゃんです(^o^)/
 まだくちばしが「黒い」です。どう、きりっとしていて美男(美女?)でしょ?(笑)

f0067385_11244954.jpg


たびたび見に行っていた習志野のホームセンター。
GWまえはまだまだ生れたばっかりという恐竜状態のヒナ4匹がいたのですが、すでに2匹に。ちょい前にのぞいたら今度はいい感じのヒナが3匹。

 そして木曜日にダンナさんが会社帰りに見に行ったら既に2匹、しかも白文鳥は売約済み!なんという売れ行きでしょうか。焦った彼、「週末越えたらもういなくなっちゃうかも」というわけで、わざわざ仕事終わってダッシュでお迎えにまいりました!
 そんなに文鳥人気があるとは私も驚きです・・・(シーズンがそろそろ終わる頃だからかな)

 もう半分位、餌(粟玉)は自分でついばめるという状態だったけど、まだお口をパクっとあけるので、挿餌をしてましたが、それも2日目でもう「ほぼ自分で食べられます」状態に。

f0067385_11272988.jpg


 これも隣のシナモンちゃんのおかげかも。

いろいろ隣のカゴで指導している姿が目撃され(笑)。
おかげでもう高い棒にもさっさととまり、景徳鎮の餌入れからせっせと自分で餌も食べています。

 考えてみたら。
 シナモンちゃんとしては、いままで高齢者介護をしていたのに、いっきにこんどは幼児保育(笑)。
人間だったら、頭の切り替えができず
「・・・ちょっとまって・・・」
となりそうですが、そこはさすがの見守り文鳥シナモンちゃんです!一気に仕事ができて忙しそう。

確かにいままで数日はヒマそうで、うとうと寝てばかりいましたから(^^ゞ
人間も文鳥も、やることがあるということは素晴らしい。
というわけで、またピアノの前をカゴ2個で占領され(笑)にぎやかなリビングに。
元気に大きく育てよ~。


 
 
[PR]
by wenniao | 2012-05-12 11:29 | 小鳥(Birds) | Comments(4)