<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日本の福祉はまんざらでもないのかも

 場所柄中国人留学生とよく話はするのですが、はじめて障害者の方と会いました。2才から耳が聞こえないのでしゃべることができないそうです。 よって筆談のみ。
ヒアリングがまだまだの私ですが、中国語を読むのは早い。よってコミュニケーションは意外にスムーズ(笑)

 彼が言うには日本の障害者に対する待遇は中国に比べるととてもよいそうです。交通費も半額免除だし、会社だって従業員の何%かは障害者を採用する決まりがある。日本に住む外国人にも障害者手帳をくれる。日本国民のみなさんの税金を使って申し訳ないと言っていたけど(笑)
 中国はとりあえず「社会主義」国家なのに、障害者には冷たいんですね・・・なんか変。

 あまり今まで考えたことがありませんでした。日本が福祉方面で褒められるなんて。
ちょっと嬉しい出来事でした。
[PR]
by wenniao | 2006-05-31 00:12 | 日中交流(C-J Com.) | Comments(0)

千葉そごう  リニューアルオープン!

 千葉県民だったら一度は行ったことはある「千葉そごう」。
最近ちゃくちゃくと改装、27日リニューアルオープンです。

 特に9階は面白くなりました。フロア全体がレトロな雰囲気。昭和初期?
本屋さんの三省堂もレトロ風。本持ち込み可のCAFE、是非利用したいです。
この手の書店は海外ではよく見かけるものの、日本ではあまりなくて残念に思っていました。ゆっくり時を過ごすにはもってこいです。他に趣味のお店が所狭しと並んでいて、買わなくても見るだけで楽しい!今まで正直9階にはほとんど足を運ぶことはなかったんだけど、楽しみなフロアになりました。

 それからやはりはずせないデパ地下。

私達夫婦は最近「自然食バイキング」をはしごしている・・・・
ここにもできました「はーべすと」というバイキングレストラン。
デパートには珍しいフードコートの奥ににあり、11時過ぎにはもう行列でした。
おかずは結構品揃えがあって、食べこたえ充分。ちょっと御飯系が堅かったのが玉にきず。ここでお腹一杯食べたらもう夜はいらない感じです。
地下食料品売り場は、「今までこんなに広かったっけ?」と思うほど、充実感がありました。千葉県民の財布のひもがかなりゆるむ予感・・・・
[PR]
by wenniao | 2006-05-29 21:31 | こんな所へ行った(Place) | Comments(0)

いまさらですかぁ!?

 先日知り合いの主婦(30才)からおそるおそる聞かれた。

「ねぇ、・・・・『冬のソナタ』見た?」

  (+_+)・・・・何を聞くのかと思ったら。

 彼女はなんとパチンコ「冬のソナタ」からはまったそうだ。そういうルートもあるんだなぁと感心。「タイタニック」の時もブームが完全に去ったころ夢中になったそうで、そういうタイプなんでしょう。今頃ヨン様の笑顔にとろけ、「ロケ地にいってみたいわぁ」と夢見心地に言うのでツアーがまだあるうちに行っておけば~?と助言をしておきました。そして家にあったビデオを貸してあげたのです。

 そこで「はっ」と気がつくには。

初めてヨン様よりも年下のファンに会った私(笑)
[PR]
by wenniao | 2006-05-25 00:20 | 韓国芸能(K-Artist) | Comments(2)

話題の映画「ダヴィンチ・コード」観てきました

 やっぱり気になる映画「ダヴィンチ・コード」。週末世界一斉公開なんて心憎いことするから~早速相方と見に行きました。ちなみに中国語では「达芬奇密码」です。これに関しては中国語字幕でDVDとか観たくないですねぇ・・・カタカナ部分がわけわからないでしょう(笑)。
 展開が早くてやはり難しかった、けど、ああいう謎解きでストーリーが進んでいくのは飽きなくて面白いのは確か。まだ観に行っていない人には絶対ネタバレしちゃダメですね。帰りに攻略本を買ってきたので夫婦で復習してます・・・
 ベースが仏教の日本人には難しいこと考えずに素朴に楽しめる映画だと思いました。前に大学の授業で図象学をかじったことがあるので、内容も興味深かったです。

 でもラストに関しては・・・ちょっと前に観たジャッキーチェーンの「香港国際警察」(2004)のラストがすごく印象に残っていたので、そっちに軍配(笑)
(ぜんぜんジャンルが違うだろ!と言われそうですが)

 Today my husband and I watched the movie"The Davinci Code".
It is entertaining however we didn't understand in parts.
On my way home I bought some books about this movie
and now we have to review!


 
[PR]
by wenniao | 2006-05-22 22:44 | 生活(Life Style) | Comments(2)

今年も大量か!?

f0067385_2283526.jpg

 この花は何の花でしょう~?

 正解は「ゆず(柚子)」です。

 庭の柚子の木、今年は2年ぶりにこんなに白い花をつけました。ときどきヒヨドリが来てがさがさと落としていきますが、あとはハチやアブがきて、いい具合に交配しています。また母は今年も台風を心配し、実る頃には他の家の柚子とくらべ、値段が付けば毎日のように「今日はいくらだった」という日々がやってくるんでしょう。今床下にある大量のジャムの瓶も、邪魔だから捨てようかと思ったけど冬には出番が来そうです。

 They are flower of YUZU or asian citron. They will become many fruits in winter. My mother is looking forward to making jam from them.
[PR]
by wenniao | 2006-05-21 22:18 | 生活(Life Style) | Comments(4)

「情義我心知」(Moonlight in Tokyo)(香港) 日本未公開

 黎明(レオンライ)主演、昨年末香港公開の喜劇。
日本語にすると「義理だけは知っている」意訳すると「義理がたい男」みたいな感じでしょうか。

舞台は新宿歌舞伎町。
詳しい話はこちらを見てね。

 今回は珍しくおつむの足りない役に挑戦。いつもと違うこの手の役にもはまっていた黎明。ファンとしては複雑(笑)でもちゃんと「改造」されて出張ホストになると、やっぱりかっこいいのです。

 始まりは「ミュージカルかいっ!」。
「見にくいアヒルの子」「白鳥の湖」+「レインマン」という香港映画らしいmix up状態。
一応「基本映画」になってるけど、お子ちゃまは見ない方がいいですよ(笑)

 香港の監督からみると東京人ってこんなに疲れて癒され不足に見えるんでしょうかね・・・特に女性なんて不満だらけに映ってます。やばいな、これは。
日本では韓国人男性がもてる、ということで
「私韓国人、日本語デキマセン」と練習するところが面白かった。公園で子供達に
「YAMAHA!」と何度も大声で練習させるのはなんか意味あるわけ(笑)?

 そんな感じでゆるゆると見ていた私だが、最後になって
「しまった・・・監督が麥兆輝(アラン・マック)と荘文強(フェリックス・チョン)だった・・・」
ということにハタと気づくんですねぇ。気を抜いちゃいけませんでした。

黎明・・・これで新境地を開いたのでしょうか。最近あまり映画ではぱっとしないのが残念です。
今撮影で上海入りしてますが、次は当たるとイイね。
[PR]
by wenniao | 2006-05-18 18:35 | 中華系ドラマ映画(C-Movie) | Comments(0)

「BLUE MOON」

f0067385_21372935.jpg

 家の雑多な庭に、なんとなく場違いな華麗な薔薇一輪・・・
名前は「BLUE MOON」というそうです。
写真ではピンクに見えますが、実際は紫に近い。
母が知り合いからわけてもらったようです。

 紫のバラ、といえば「ガラスの仮面」を思い出しますねぇ。
その当時はそんな花はかなり貴重だと思ったものです。

 あと思い出すのは「カイロの紫のバラ」。
この映画、大好きなんですよね。好きな男優さんがどの
映画の時にスクリーンから抜け出てくれたらいいかなぁ~と
想像するだけで楽しいです。

In our garden there is a rose named "Blue Moon"
which my mother got it from friend.
The picture looks pink, actually it is puple.so nice.

 
[PR]
by wenniao | 2006-05-16 21:51 | 生活(Life Style) | Comments(2)

「愛鳥週間」です

 昨日から始まっています「愛鳥週間」。
この時期は巣作り子育てで忙しいですよね~あんまり人間にはかまって欲しくない時期だと思うんだけど。

 隣家の2階の雨戸の戸袋にムクドリ夫婦が巣作り真っ最中なんです。去年もそうでした。
お隣は男性一人住まいなので無精にも開けないんですよね、雨戸。野鳥って、そういうところはちゃんとおさえてあるんですねぇ。本当に感心します。でもあの手を入れる部分から出入りをするので、翼を持つ彼らとしては非常に入りにくそうで、よ~くみていると3回に1回ペースで成功してます。そのうちミャーミャーと声が聞こえて、ヒナが孵るんでしょうね。

 前にBlogで紹介したユズの木の建設中の巣は、途中で主があきらめたようで放置してあります。なんか、・・・違ったんでしょうね(笑)

 これは初のお目見え、家の赤カナリアです。若いのですが白内障で、あまり見えていません。が、暖かくなって美声は絶好調。超気分屋さんなので自分が気持ちいいと思うときしか鳴きません。でもそういうときは決まって天気がいいときなので、人間も気分がいい。シンクロしてます。
f0067385_14144452.jpg

It is the bird week now.
This is my red canary. He is good at singing,but has a trouble on his eyes so he
can't watch things clearly(maybe).
[PR]
by wenniao | 2006-05-11 14:22 | 小鳥(Birds) | Comments(5)

チョコレート効果

f0067385_21433627.jpg
 最近「健康オタク」の相方がどうしても食べ比べたいというので仕方なくラインナップしてみました・・・
 従来の「チョコレート」のイメージを一新したことは間違いない。だって甘くないんだもん!
身体に良さそうじゃなければ食べないと思うな・・・
でも最近はこんな風に効果を期待されているカカオです。
ボックスタイプのは箱の裏側に一粒カカオ豆の印刷があるのが心憎いです。
「99%」のを案の定もてあましてるし(笑)
 でも頭を使いすぎたな・・・と思うときはチョコレートが本当に美味しいと感じます。
[PR]
by wenniao | 2006-05-10 21:52 | こんなもの食べた(Food) | Comments(4)

意外に寒かった熊谷訪問

 今日はjet通信の取材で埼玉・熊谷まで行って来ました。
本来千葉、東京方面へ行くことが多いのですが今回は私以外皆忙しかったのね(笑)
「新幹線に乗ってもイイよ」のN先生のお言葉に甘えて「MAXとき」に乗って行ってまいりました。朝の天気予報では最高気温28度とでたので、暑い事で有名な熊谷はどんなでしょ、と思いきや思いっきり天気予報がはずれ、肌寒かったのが残念。

 研修取材はおなじみ小山のK先生。
めちゃめちゃマニアックな研修内容で、確かにタイトル通り「こんなのなかったでしょ」でした。音楽は数学だ・・・と思った2時間でした。
白鍵盤と黒鍵盤のサイズを研究して、どうするのかな~とか思いもしましたが(笑)

 帰りにはタニタ楽器ADおすすめの熊谷名物「五家宝」をお土産に。
私はこの年まで全く名前も知らなかったけど母は知っていました。パソコンでも「ゴカボウ」と打つとちゃんと「五家宝」と出たのでびっくりしました。知らなかったのは私だけ!?
f0067385_2112038.jpg

[PR]
by wenniao | 2006-05-08 21:16 | エレクトーン(Electone) | Comments(5)