<   2012年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

プチ飲み会

 母の喜寿祝いに続いて~の、高校の同級生4人男女半々、集まっての飲み会でした。
GW何もないのも寂しいですから(^^ゞ
卒業から何十年もたっているのに、こうして話ができるのは嬉しいことで。
昨年は20名ほどの会を設けたのだけどね、現在のアタシにそこまでの気合いがなくて。
・・・っつうか、アタシ以外の誰かがやってくれればいい話なんだけども(^_^メ)

 飲み屋さん、けっこう人は入ってましたねぇ、日曜日の夜なのに。みんなニュースで言うほど遠方には出かけてはいないのかもね。
 同じだけ齢を重ねて、それぞれいろいろ「しがらみ」をかかえて、それでもみんな所定の場所でそれなりに頑張ってる。気心の知れた友達だと突っ込んだ話もできるからいいなと思う。
 そろそろ健康の話が多くなってきてますが(笑)また飲めるくらいな元気な状態で会えるといいね!

 夕方から千葉市狙いの直下型風地震が続き、飲んでる最中も緊急地震速報のアラームがけたたましくなりました。震度5弱・・・ビールが揺れてた(笑)。
 どうか大地震が予測だけで実際起こりませんように。

 
[PR]
by wenniao | 2012-04-30 10:53 | 生活(Life Style) | Comments(2)

初練習&喜寿祝@八十八(やそはち)

 とうとうGWですねぇ・・・。全く関係ありませんが(^_^メ)
GWまえの空前の仕事の忙しさでヘロヘロになって迎えた週末です。
午前中はアンサンブル初練習。ピアノパートは休みだったけど、やっと全体像がつかめた感じ。
めっちゃ明るくて、実にエレクトーンらし~い正統派ポップスです!さすが倉沢大樹さん。楽しく練習が続けられそう(^。^)

 夜は母の喜寿祝い。
自宅の近くの飲食店って、近すぎていかない、ということ、ありませんか?!
当初、せっかくなら幕張あたりのホテルの日本料理店で、と思っていたけど
当人が「かしこまってホテルに行くのがめんどくさい」というので、
我が家の徒歩圏にあるのに一度も行ったことのない日本料理店「八十八」へ行ってみることにしました。
ディナーメニュー2940円、握り寿司、煮つけ、天ぷら、サラダ、茶碗蒸し、酢のもの、お味噌汁。
母の誕生日の証明で、立派な海鮮サラダのおまけつき。

f0067385_2375293.jpg


 どれも正統派で奇をてらっておらず、とても美味しかったです!満腹。
なんで今までこなかったんだ?(^^ゞ  お勧めです~。

 喜寿(77歳)で水泳、ボーリング、畑仕事、韓国ドラマと(家事もほぼせず)好きなことを満喫している母。
このままいけば軽く80歳は超えられそうかな。
[PR]
by wenniao | 2012-04-28 23:03 | 生活(Life Style) | Comments(4)

覚えきれん!

 4月から支店管轄がかわり、ややっこしい店舗がどっと移管したかわりに、いままでしていなかった仕事もどっと覚える羽目になりました。
 レストランってチェーン店が多く、各自いろんな受注発注システムを使っているので、いちいちそこからデータとって、入力して、欠品でたら処理して、・・・とやるので本当に大変!ややっこしいわ、締め時間もまちまちだわ、時間とPC画面とのにらめっこ。目は疲れるし、心臓に悪いし、第一もう覚えきれないよ・・・(-_-;)
 
 というわけでGWももう間近、ですけど例年どおり関係ない私。ほぼ仕事です。はぁ。お店、ホテルはかきいれ時だから仕方ない。休みなんて早く終わってしまえ~\(-o-)/

 でもそれではつまらないのでここ数日は飲み会(食事会)の会場探し&連絡ばかりしてます。
GWしょっぱなは母の喜寿祝い。友達との飲み会に5月はインストラクター時代の同期会。最近実はあまり調子がよくないのだけど、何かあった方が気分が上向きになりそう、な気がする。
[PR]
by wenniao | 2012-04-26 23:00 | 生活(Life Style) | Comments(6)

「わが家の問題」「夜は満ちる」

f0067385_23554249.jpg

「我が家の問題」 奥田英朗 著

 タイトル通りまさに各家庭で巻き起こる、新聞沙汰にはならないけど家族の中では大問題、という短編。家の中で解決するものもあれば外を巻き込むこともあり、すご~く親近感のわく話題ばかりです。
 *一人暮らしが長かったためつくしてくれる妻に厭気がさす夫
 *夫婦の実家が離れていて盆暮れにどこにいけばみなおさまるのか。(会社でいろいろサンプルを  聞いて参考にする)
 *ふとした会社行事で夫の会社での不出来さを知ってしまった妻の心境
 *夫がUFOに急に傾倒しはじめて当惑する妻
 *あるとき両親が離婚するかも、という事実を知り、クラスメイトに「両親の仲の良さ」を急にリ  サーチする娘
 *夫が急に有名人となり、遅れをとった感のある妻がマラソンにはまってく家庭
どれも、ちょっぴり悲愛を感じて、ほんわかとする話でした。いいなぁ~奥田さん。

f0067385_2356129.jpg

「夜は満ちる」 小池真理子 著

 ホラー小説、といっていいのかこれは。「幻想譚」というのかな。独特の世界観、どこからこういう話の発想がでてくるのかなぁ。ひきこまれます。ちょっとした一節の文章がとっても印象に残るモノばかり。もう一度間をあけて読みたいです。
すごく好きなんですけどね・・・最後のお話「康平の背中」。衝撃!怖すぎます!いくらいとしい人の亡霊でもこれは厭。久々に夜一人でいるのが怖くなっちゃたよ((+_+))
 
[PR]
by wenniao | 2012-04-25 23:56 | こんな本読んだ(Book) | Comments(0)

やっと!楽譜来了~

 この週末はポンちゃん逝去&気圧配置の変化もあって、私にしては絶不調。誰か私の背中の鉄板をはがしてはくれませんか?え?ありませんか?そんなはずは・・・
 貧血でフラフラするわ、気持ち悪いわ、頭冴えないわで、今週どうのりきりましょうか。

 そしてスケジュールはけっこう細かくミチミチ。休めません(-_-;)。

 今日は念願のアレンジ譜をいただきに歯医者さんの後、センターにダッシュ。
直々「厚着の」倉沢さんから手渡し、その後みんなでパート決め。けっこうあっさり決まったね。
私は当日他にもいろいろしなくてはならなそうなので、いちばん弾きやすいパートにしてもらいました。みんなありがと!やっとこれで練習開始。
 ふむふむ、最初は開場から拍手もらい~のスタートなのかな、これは(^。^)
 とっとと衣装の色も決まりました。白よ、白!そろそろ物色しておかないと。

 今日、そんなわけで朝からボケボケ~っとしており、手帳とともにUSBフラメも見事に忘れ、ヨドバシで急きょ買ったのはいいのだが、
「これ、フラメじゃなぃ!\(-o-)/」と呆然としたもの、は、コレ。
f0067385_21331296.jpg


 もう包装もばらしちゃったし、返品きかないじゃんと、一気に目が覚めた私でしたが、なんとステージアでなんなく作動、倉沢氏いわく「むしろ読み込みが早いカモ!」。
 普通のUSBフラメの口と全然違うんですよ・・・でもオッケ。ナニモノですか、これは?
スライド式2GBで600円もせず、かな~りちっちゃい。なくしそう・・・。
f0067385_21333371.jpg


 
[PR]
by wenniao | 2012-04-23 21:34 | エレクトーン(Electone) | Comments(0)

新月の日にやはり逝ってしまった。

 今朝から何も食べる気がなく、ちょこちょこ動くものの止まり木にも乗らず・・・。
お昼前にとうとう桜文鳥のポンちゃん、お星さまになってしまいました。享年12歳。
普通の文鳥の寿命は7,8年というので長寿でした。やはり桜文鳥が原種なので強いんでしょうね。
 人間12年も生きてたら中学生、体も大きくなるけど、文鳥は12年たっても手のひらサイズ。あんなちっちゃい臓器で10年も生きるのだ、それだけでたいしたものです。

 数々の文鳥さんを送ってきましたが、ほぼみな病気で逝ってしまった子ばかり。「老衰」と思われる最期、もうゆっくりおやすみと願うしかありませんでした。十分命を全うできたかな。

 人間並みに、白髪は増え羽が抜け、足腰が弱り、白内障になり、大好きな水浴びをしなくなり声も弱弱しくなってきて。人間の老いと笑っちゃうほどまったく同じなんです。食欲は昨日までありました。人も鳥も、「気力」がなくなった時が終わる時、ですね。
 母は彼を「同類(後期高齢者)」と見ていたので、友を亡くして寂しい気分だそうです。

f0067385_21342183.jpg


 ポンちゃんは家に来たヒナの時はつがいでしたが、4年くらいして彼女は婦人病で他界。
 男の子だったのでいい声で高らかによく歌ってました。ピアノとフルートの音が好きだったね。

 一度ダンナがベットで一緒に遊んでいて布団の下でつぶしてしまったことがあり、本当に「文鳥座布団」か・・・というくらいぺしゃんこになってしまったことがありました。もうダメかと思っていたら、荒い息をして体が膨らみ、元に戻ったんです。すごい生命力でした。
 よく「九死に一生を得た人は長生きする」といわれますが、まさにそれを地でいった子で、病気知らず、病院にも一度もいかなかった珍しい子でした。
f0067385_2134473.jpg


 新月の今日、とうとう逝ってしまった。覚悟していたけど、小さい命とのお別れ、やっぱり何度経験しても寂しい。当面はシナモンちゃん1匹と仲良く暮らして行こうと思います。
 ポンちゃん、いままでありがとう。安らかにおやすみね。
[PR]
by wenniao | 2012-04-21 21:34 | 小鳥(Birds) | Comments(6)

心配・・・

 桜もすっかり葉桜になったというのに、ここのところめちゃ寒いですね。

 わが家のアイドル、12年選手のサクラ文鳥ポンちゃんがこのところ調子が悪いので、大変心配しています。もう人間でいえばおそらく90歳以上というお年頃か・・・、「老衰」に近いのではないかと思い。 本当に人間と一緒で、もう足腰がたたず、寝てばかりです。多分もう目も見えていなそうです。

 「エライ」のはまだ自力でご飯を食べようとするところ。お腹がすくと頑張ってぴょんと低い位置の止まり木にジャンプして、おぼつかない足で餌をガツガツと食べて、力尽きるとドタっと落ちてそのままクゥクゥ寝てしまいます。

 もう食べられなくなった時がサヨナラの時と、覚悟はしています。
寒い冬を越え、桜の季節も過ぎたけど、暑い夏を越すのは難しいだろうとも思います。
 あとはただ時々声をかけてあげたりして、見守るだけ。隣のシナモンちゃんも時々心配そうにのぞきに来ます。

 今日会社で時々電話の取次で声を聞いていた社内の男性の訃報をきいて驚きました。私より2歳年下だったそうで・・・一人住まいだったのである意味「孤独死」。長年同僚だったという人はショックを隠しきれない様子。

 季節の変わり目、みなさん体調管理を十分に。疲れたらとにかく休みましょ。
[PR]
by wenniao | 2012-04-20 22:38 | 生活(Life Style) | Comments(2)

いざ激混みの「木更津アウトレット」へ

 
f0067385_20481310.jpg

 13日オープンから1週間、まだまだ混んでいるとは知りつつもダンナさんと休みがあったため、行ってしまいました、「三井アウトレットパーク木更津」。 
 「駐車場が激混み」という情報を得ていたので、もう9時10分頃到着。さすがに空いてます(笑)お店は10時開店ですが、タリーズコーヒーは9時半にはもう空いていて、寒かったのでコーヒーでも飲んで待ってまっていようという人ですでに行列。

f0067385_20484223.jpg

 フードコートもかなり混むだろうと予想して10時半にはお昼を食べに行ったんだけど、すでに席を確保するのも困難間近。よくTVで放送していた「わっぱ茶屋」や人気ラーメン店など長蛇の列。やっぱすごい人出です・・・。
 私らは名古屋コーチンの親子丼と石焼ビビンバ。親子丼は鶏肉も美味しかったけど、卵が美味でした~。
 
f0067385_20505742.jpg

f0067385_20511071.jpg


 11時頃なにやらざわめきが。
芸能人さん達登場~土曜の番組かな?石ちゃん、キャイ~ン、柳原加奈子、三瓶君。
人気の「わっぱ茶屋」のメニューをフードコートで食べているとこを撮影。
この5人、TVで見た感じそのままでしたが(笑)、天野君のお顔が大きかったのと、柳原加奈子ちゃんがすごく小さかったのが印象的。
 ↓後ろ姿ならいいかな。誰だかすぐわかるね、この二人(^^ゞ
f0067385_20542084.jpg


 ダンナとこういう所にくるとゆっくり見ていられないので(見たいお店が違いすぎる)、集合場所と時間を決めて別行動。 
 ここ、171もお店がオープンしているらしい。でもいちいち見ていられないので、全く興味がない海外ブランドはパス、バック&靴もパス。かなり絞り込んでみました。

 アウトレットって、みるのはすご~く好きなんだけど実はあんまり買わないアタシ。
だって、ぶっちゃけ元値が高すぎません?(笑)いくら〇%オフといわれても、もともと高すぎるだけじゃないの、とすご~く冷静になっちゃうんです。しかも最近の服は量産体制、母のいう「あっぱっぱ」(NHK連ドラで一躍有名)のような服が多い(笑)。
 おまけに今や誰もが着てる「チュニック」がどうも好きではありません。ワンピースも欲しかったけど、最近の流行のプリント地、私が20代に着てたようなのばっかり。いまさらまたそれを買うのもどうかと思ったり。

 しかも・・・年齢的に服選びは慎重になります。若い子のような「何着ててもカワイイ!」という時代はとうに過ぎ(-_-;)、体型もきにししつつ~の、箪笥の既存のワードローブを頭にいれつつ~のお買いもの。というわけで、幕張にもあるなじみのお店でブラウス1枚やっとみっけ。買うものあってよかった・・・(ここまで来て何も買わないというのもいかがかと)。
 ダンナは「セブンイレブン」でお買いもの、のみ!(爆)欲しいものがない時は買わないんだそうだ。というわけで2時にはそうそう帰ってきてしまいました。はやっ。食べに行ったようなもんだ。

 途中寄った市原の上りPA,リニューアルしてなかなか素敵になりました。フードコートもカフェ風。まだ工事していたのでもっと良くなるねぇ。ってこっちでくつろいでどうする ヾ(- -;)。

 アウトレットは好きでいろいろ行ってますが、やっぱり一番好きなのは「阿見」(茨城)だな~。
チェルシー系が好きなんです。来年酒々井(しすい)にオープンするのもチェルシー系列と聞いてちょっと嬉しい(^o^)/←懲りない。
f0067385_21374154.jpg

[PR]
by wenniao | 2012-04-19 21:38 | こんな所へ行った(Place) | Comments(2)

「夢のかたみ」「眠れぬ真珠」

 昨日は冷たい雨の一日だったので家から一歩も出ずひきこもって読書。

今日は一転してお天気なので朝から一気に冬物をかたずけました。なぜか玄関周りが気になって、結果靴10足処分!あ~せいせいした。母はすぐ「これ畑作業用」と履かない靴をとっておくのだ・・・結局は履かないのに。
 
 で、昨日のひきこもりのおかげで2冊読みました。

f0067385_15113833.jpg


 「夢のかたみ」 小池真理子 著
 短編小説ノスタルジー編。「ノスタルジー」とはなんと素敵な響きですねぇ。直な意味は「郷愁」ですが、「懐かしさ」という意味も含むと思います。胸がキュンとなるようなストーリーです。
 
 特に「約束」は面白かった~。実に静かに愛をはぐくんでいた中高年の二人。長く離れていてももしかしたら約束通り一緒になれたかもしれない二人でした。でもなんのかかわりもない(しかも悪気もない)若者2人のちょっとした行動によって、その歯車はみごとにかみあわなくなってしまい、永遠に会う事もかなわなくなってしまうお話。「なんとかしてくれっ!」ってもどかしくなりましたヾ(- -;)。

f0067385_1512362.jpg

 
 「眠れぬ真珠」 石田衣良 著

 主人公の咲世子45歳、銅版画家。一度結婚に失敗し、その後独身。
更年期にさしかかり、精神的に不安定な部分もかかえている時、17歳年下の才能ある男性と恋に落ちてしまうお話。最近歳の差カップルの話題が多いので、なんだか興味津津。
 歳の差、って埋まらないもんですよね、ホント。45歳と28歳、60歳になってもまだ43歳。
男性はいいけど、女の立場としては日々衰える容姿を考えると長く付き合う事が怖い。「よしとこ」と思ってしまいます(-_-;)。まして才能のある「これからの」人物となるといくら大好きでも主人公のように・・・迷いますね。

 年上の愛人である男のもう一人の若い愛人のストーカー行為に悩まされつつ、「末路こうなりたくない、けど自分も恋人を諦められない、でも手を離してあげないと」という葛藤が切なかったです。やはりこういうときはしっかりした地盤がある「仕事」があるというのはいいなぁ。
 
 女性はダイヤモンド派、か真珠派だ、という話が出てきます。光を外側に放つタイプと内側に引き込むタイプ。さ~あなたはどっち?
[PR]
by wenniao | 2012-04-15 15:16 | こんな本読んだ(Book) | Comments(0)

何と言っても・・・気になる女性被告

 あえて書きましょう、最近気になって新聞でもTVでも週刊誌でも、とにかく記事を読まずにはいられない気になる女性は本日死刑判決の出たK.K.被告です。こういう事件の裁判員に選ばれたら、ホント大変ですね・・・。(今日も20代の男性が2人出てたけど)

 前にNHKで「ラストマネー~愛の値段~」という保険金殺人をテーマにしたドラマがありました。
主人公は高島礼子。結婚をすぐに迫るタイプではなく、じわじわと相手の気持ちを掴んで離さず、最終的には保険に加入させ受取人を自分にさせて・・・というストーリーでした。
 このドラマでもカモになった男性は「彼女はそんな悪いことをする人ではない」と信じて疑わず、しかもだまされても幸せだったとまで思うほど。高島礼子も普段は実に地味、ただ家庭的で神秘的な魅力のある女性役でした。

 で、この事件。「似てる・・・」と思った方も多いはずです。放送時にはもう逮捕されてたかな。かたや「保険金殺人」、こっちは「結婚詐欺」ですけど。容姿はどちらかといえば「不美人」部類の女性。正直そこがみんなの気になる所でしょう。

 マスコミ報道を見ると面白く
「美人でもないくせに」的な煽り方をして、いかにも不細工に見える写真を出してくる所もあれば、
「こんな魅力的な女性である」と逆にほめたたえる記事もある。声も可愛いし、料理も上手、所作も申し分なく、メール文面も完璧であると。(それでも人を殺しちゃいけないのはもちろんですけど)

 この事件は実に「現代的問題」をはらんでいます。
一つは結婚したくてもできない独身男性が急増していること。
二つ目には出会い系サイトの利用者がふつ~に多いことが露呈したこと。
三つ目は「美人至上主義」への疑問
 です。とくに3番目は大きいと思います。

 なんだかんだいったって、1部マニアはのぞき、一般的に男性は不細工より美人がいいのでしょう(たぶん)。この事件だって被告人が女優さんのような美人ではなく体重もかなりある「そう美人でもない女性」が愛人契約を結んだり、何人もの男性と立て続けに交際してお金をもらったりしていたという事実に衝撃を受けたはずです。そして、世の中は美人さんはほんのひとにぎりです。

 ルポを読むと「かえってこの容姿だから安心してつきあえた」という男性もいました。確かに、美人だったらそれこそだまされてるんじゃないか。いつポイされるか、二股かけられてるか、など心配がつきないでしょう。そこのところ巧みに操ってますよね。
 人の幸せはまさに人それぞれの価値観に基づいていますから「だまされても好きなら許す」と思う人だっていたって不思議ではありません。
 実際傍聴を続けているとすっかり「彼女のとりこ」になってしまうという人までいるようです。
 
 美しくなろうと日々努力して痩せたり、お化粧品にお金をかけたり・・・だんだんぎすぎすとケバくなっていく若い女性が急増している中のこの事件、実に外見はうらはらでありながら見事に男性の心を奪っていくあたり、世の中の隙間をぬっているというか・・・(-_-;)
 きっと彼女も研究し努力したんでしょう。もはや仕事だったんでしょう。何かほかに生かせればよかったね・・・(結婚相談所のアドヴァイザーとか)

 結局は人間「自己満足」で生きている。欲は深ければ深いほど恐ろしい結果になります。彼女ももっといい暮らしがしたくなったんでしょうか。人の心をもてあそぶことに慣れてしまった結果なのかな。
 男性目線と女性目線ではずいぶん違った受け止め方があるんだろうなぁと思う事件かと。まだしばらく目が離せません。
[PR]
by wenniao | 2012-04-13 23:50 | これが気になる! | Comments(4)