<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「逆襲、にっぽんの明るい奥さま」 ほか 夏石鈴子著

 
f0067385_2392978.jpg

 「逆襲、にっぽんの明るい奥さま」 夏石鈴子 著

 タイトル通りの、「ごく普通にいるような奥さま」たちの逆襲の話です(笑)。
世の中の「奥様」だったら、絶対膝を打って「その通りっ!!」と声にしたくなるような短編8作。
逆に「だんなさん」たちに読んでほしいですね、ほんと。たぶん、妻が日ごろ何を考えているのかなんて何一つ気にはしていない人が多いと思う。それで突然爆発されるわけだけど今に始まったことじゃないんだぞ、と。
 いろんなエピソードが出てきますが私は「天城越え奥さま」が面白かった。人生いろいろ、である。

 自分の子供が好き、というのは一般的イケンだけど、好きじゃない場合もあるわけで。
 好きで結婚したのは夫、だがその親が好きとは限らないわけで。
 毎日家事に仕事にくたくたなのに「一家の太陽」でいなくてはならないという苦悩もあるわけで。
 それでも「にっぽんの奥さま」たちはふんばって頑張っているんだねぇ。エライ、んですよ(笑)。

 もし私が主人公になるのだったら、まぁ・・・「ことり奥さま」でしょか(^.^)。

f0067385_2395612.jpg


「きのうと同じに見えるけど」 夏石静子 著

 これは24歳「あおばさん」を主人公とする第2作目、だったようです。
でも話は通じてます。働きながらイラストレーターを目指す女の子目線のお話で、心象心理が実に面白い。わかばさんの周りの人たちの話に加わっているような錯覚を起こします。

 毎日同じようなことの繰り返しで、たんたんと月日だけが過ぎていくようで、実はちょっとずつ自分も周りも変わっているんだね。人って基本変化しない生活の方が安心できると思う。でもそれではちっとも前には進まないから、少しずつでも受け止めていかなくてはいけないね。本当はその変化を楽しむくらいになりたいものだけど・・・年々厳しいですケド(-_-;)

 今回ふと手にとった作家さんだけど年齢的にも近いので共感するところが多くて面白かったです。
[PR]
by wenniao | 2013-03-31 22:59 | こんな本読んだ(Book) | Comments(0)

久々IKEAのお買いもの

 春になると引越しするわけでも環境が変わるわけでもないのにちょっと気分を変えたくなります。やっぱり長い冬をじっと我慢していた解放感からかな?(^.^)

 ・・・というわけで週末お休みの旦那さんをイヤイヤ連れてのIKEA@船橋。
2年くらいは行ってなかったかも・・・人も落ち着いてきた感じ。品数は増えたような。

 3月の最後の週、レストランではモーニングプレートが無料!でした。
写真がなくて残念。厚切りベーコン、スクランブルエッグとポテト付き。
「無料」って言われると困っちゃうわね日本人(笑)。フリードリンクは180円、パンも50円、などかなりリーズナブル。
 ここのレストランってかなり開放的で明るくていいなぁ。というわけで彼をここに置いて(インテリアに全く興味なし)、私一人でお買いものです。ものすごく売り場が広いからね・・・運動してるみたい。
 
 本当の「目的物」は在庫切れだったのだけど、サンプルを実際に見られたのでまあよしとしよう。また後日。
そしてもう一つどうしても欲しかったのがコレ、洗面台に欲しかった「鏡」です!

f0067385_21211222.jpg

 最近自分の「後ろ姿」というものが恐ろしくてね・・・
背中の曲がり具合とか肉付きとか、もちろん後頭部髪型も、意外に普段見ないものだけど、たまにみると軽いショックを覚える今日このごろ(>_<)。
 
 旅行で泊まるヨーロッパ系のホテルの洗面所によくついてる「コレ」がずっと欲しくて、きっとIKEAにはあるだろ!と行ってみたら案の定ありました(^.^) しかも999円。壁に取り付けるネジがなく、家をあらさがし。日本製なら絶対付属でついているよねぇ。

f0067385_21235662.jpg

 普段は壁にぺたりと折りたたんでおけば邪魔にはならず。
 普通の鏡と拡大鏡が両面あわせになっております。結構自由に位置を変えられるので洗面化粧台の鏡と合わせて後ろ姿もばっちりチェックでき、便利に使えそうです。
 これだけのことなんですけど、結構身支度も楽しくなるかも(・・・というか、余計なモノが見えてかえって時間がかかるのではという噂も)(^.^)
[PR]
by wenniao | 2013-03-30 21:27 | こんなもの買った(Shopping) | Comments(4)

週末おでかけ親孝行

 PCの具合が悪かったためなんとなく時差があります・・・が。

f0067385_22211655.jpg

 金曜朝一で母と恒例の「フラワー&ガーデニングショー」@幕張メッセ
いつもダンナさんがどこかしらからタダ券をゲットしてきてくれ、しかも往復車送迎付。
(本人は私たちが見ている間、大学で勉強)
 先着?名様のお花(マリーゴールドですが)もちゃっかりいただき、鉢植えものを物色。
f0067385_22215090.jpg

今年はミカンとラズベリーの木を早々に買ってしまったので(いいものはどんどんなくなる)、ま~重かったこと。でもミカンが1個なっているだけで
 「いいわね~大きいわね~甘いのかしら?」
 「実のなる木は楽しみよね~」
・・・と庭好きの人はすぐに声をかけてくるのが微笑ましい(^.^)

f0067385_22354777.jpg

f0067385_2236356.jpg

f0067385_22361459.jpg

 世の中、珍しいお花が沢山あること!
ここは直に生産者さんと育て方や悩みなどの話ができるのでいいなぁと思う。まあ、私はほとんど庭仕事にはノータッチなのだけどね(-_-;)
 このあと回転寿司に駆け込みお昼をとって私は仕事へ。激務でめまいが・・・やっと週末。

 日曜日は桜満開の浅草へ。ちょっと肌寒かったですね(>_<)
ダンナ実家のお墓参りを兼ねて毎年桜の時期に家族で行くことにしています。母は一度ひどく電車酔いしたのが相当ひびているのか都内に出たがらないのだけど、車に乗せさえすれば楽なものなので、最近はもっぱらドライブ。
 相変わらずの賑わいでした。寒いのでちょっと川沿いを歩いて終わり。ほんと花冷え・・・

 今回は母がまだ行ったことがないというので急きょ「スカイツリー」へ行くことにしました。
春休みまっただなかの日曜日、しかも桜満開、どんだけ混雑してるか!?
 朝だからか意外に駐車場は空いてました。都内だから交通網も発達しているし、みんな車じゃこないんだろうね、と思う。
3000円以上利用で1時間、5000円以上利用で2時間無料。ここ、100円でも買えばどんどん駐車料金を積算してくれるのでいい。普通に八百屋とかお肉やとかあるので、夕飯にと買っていけば駐車場料金は安くなる。

 で、人出ですが、それは多かった・・・大賑わいです。そりゃあ「旬な」スポットだものね。
花曇りだったのでツリーには上らず、32階のレストラン街から眺めていました。
 母の頭には「スカイツリー」のみであって「ソラマチ」(いわゆる商業施設)という頭は全くなかったようなので、このにぎわいに度肝を抜かれたようでした(笑)。そりゃそうだ、遠くから見えるのは塔だけだものね。
 ここは年配の方でもいろいろお買物は結構楽しいと思う。母は「二木の菓子」にはまりました(笑)。

f0067385_22434312.jpg

 今回の和のスイーツ、抹茶パフェ。スプーンがスカイツリーです!もちろん持って帰りました!(^^)!
辻利休のお店なんだけど、意外に母が注文した「ほうじ茶」ソフトクリームが絶品!抹茶は想像できるが、ほうじ茶はどうなの?・・・って香ばしくてなかなかイケました。お試しあれ。

f0067385_2244926.jpg

 相変わらず展望台には行かなかったけど・・・いつか東京の夜景を見てみたいなぁ。
(さっきまで歩いていた隅田川沿いの桜が遠くに見える)

 次は新名所KITTE(東京丸の内)に行かねば!(*^_^*)
最近東京どんどん進化するね。追いつくのが大変・・・


 
[PR]
by wenniao | 2013-03-25 22:45 | こんな所へ行った(Place) | Comments(2)

イライラ解消!リカバリー

 ここ1週間くらいノートパソコンの具合がおかしかった。
深刻な問題ではないのだけど、今までフツーにできていた「ほんの些細なこと」が突然あちこちでできなくなったのである。主にネット上のトラブルなのだけど、たとえば

 *このブログもログインはできるのに画像や編集、削除ができない
 *yahooメールの「すべてを選択」ボタンがきかない
 *you tubeの画面が真っ黒
 *生協の申し込みもあと一歩のタブがクリックできず
 *ネットで調べ物をしていても次のページがみられない
 *OKボタンを押してもシカトされる

 などなど・・・相当「いらっ」とくるでしょ(>_<)。

 とうとうパソコン修理に持っていき、1泊検査入院。
ざっとみたところシステムにいくつかエラーが見られるとのこと。初期化を薦められました。
 頼めば1万5千円近くかかるという。やりますよ、自分でっ!!

 はぁ・・・・

 購入して3年半、いろいろ不用なあれやこれやもたまってくる頃ですわね。
腹をくくって、いるデータだけ外付けHDDに移して思い切ってリカバリーしました。

 ま~サクサク動くこと動くこと(笑)。今までの遅さはなんだったんだ、くらいな。
これから徐々に必要なものをまた入れなおせばいいのだもんね。たまにはリカバリーもいいもんだ。
 スッキリ!しました。

 パソコンのデータって人を映す、と思う。
会社の営業さんのパソコンも電話で「見て~」といわれて、あけてみるけど、机の上がだらしない人はパソコンのファイルもめちゃくちゃであり、机の整理整頓がきちっとできている人はパソコンのディスクトップも実に使いやすくきちんとなっている。

 そして自分を省みると、確かにいるのかいらないのか、ってモノを溜め込んでいるわけで。
パソコンもスッキリしたことだし、この春、この機会にまた「断捨離」頑張ろうかな(そしてぜい肉も捨てたい)(^.^)
[PR]
by wenniao | 2013-03-24 21:47 | 生活(Life Style) | Comments(2)

定番コース*春の房総へ

 「お彼岸のお花を房総で買ってくる」
というのが我が家のここ数年の定番になっています。

 2年前(3.11)はそれで千倉であの揺れに合い、津波におびえつつ車で海岸線を走り、帰りが大渋滞で大変なことになったのですが・・・

 今年は私の風邪っぴきがおさまらず「どうしようか」と前日まで悩んでいましたが、えいや、決行!せっかく日曜日に家族みんなの休みがあったので、もったいないですもん。知事選はもう結果が見えていたのでゴメンしてしまいました(案の定、でした)。

 お昼は去年も立ち寄った、相浜漁港目の前の「相浜亭」。プレハブのほったて小屋のごときお店で、ほんとわかりずらい細い道を入って行く場所です。とはいえ11時でもう満席\(-o-)/
・・・みなさんよくご存じで。せっかくここまできたんです。普通のお店で食べたんではつまらないんですよね。漁港直送、切り身が半端ない。写真ではわかりづらいですが二つ折りになっており、大きくて厚いんです!「海鮮丼」950円。食べ応え十分。

f0067385_10104562.jpg

 
 花つみは特にせず、売っているお花を物色。やはりこの時期はストックと金魚草、フリージア、キンセンカ、ですかね。今年は行った時期が遅かった割にはお花が残っていたような。いままでで一番「満開気分」を味わえました。今まで寒かったからなんもかも一気に咲き出した感じですね(^O^)
f0067385_10171968.jpg

f0067385_1017468.jpg

 ↓出荷待ち温室育ちのストック。右は珍しい?地這いの金魚草。
f0067385_1018286.jpg

 ↓千倉のお花畑。地元のおばちゃんたちの元気のいいこと。 
f0067385_10182025.jpg

 ↓ストックといえど色も種類も色々。今年はベージュも多かった。
f0067385_10183346.jpg

 ↓房総の花、といえば定番のポピーとキンセンカ。キンセンカも昔より花が大きいような。
f0067385_10184986.jpg

 ↓なぜ黄色いのにブルー・・?珍しいお花をみるのも楽しい。このペットボトルの意味はなんだ?
f0067385_1019254.jpg


 房総のソラマメはもう背が高く花までつけていたのでびっくりでした。さすが暖かいんですね。産直のお店にもう「たけのこ」が売ってました!これもびっくり。
 
 帰り路は久々に外房の九十九里の道で。途中、千葉ではおなじみの「かたくちいわし」の一夜干しを売るお店に。どんどん干物の試食を口に放り込まれる(笑)いやいや、鮮度が違う~普通のめざしとはわけがちがう美味しさ!と母絶賛。
 40匹以上はいって500円で購入。スーパーのこの手の魚はみんな冷凍だもんね・・・といいつつ、食べきれない分は早速冷凍保存するのだけど(^^ゞ
コレ食べて牛乳のんで日に当たってたら骨が強くなりそうだ(笑)
f0067385_10132114.jpg


 東京の桜もとうとう開花宣言。春本番ですね(#^.^#)
f0067385_1014441.jpg


 

 

 
[PR]
by wenniao | 2013-03-18 10:29 | こんな所へ行った(Place) | Comments(0)

「薔薇船」「アイズ」

 私にしては珍しく1週間もご無沙汰してしまいました。
というのも、ここのところの寒暖の差、というやつにやられたのか、珍しく体調よろしくなく。
「とうとう花粉症デビュー?!(@^^)/~~~」
と花粉症多発地帯の職場では毎日言われていましたが、どうやら単なる「風邪」のようです。喉いたいし、目はかゆくないし。

 そんなわけで仕事には行っていましたが、とにかくだるい&眠い。昨日とうとう熱が出て今日は身体が軽くなった、ような?(笑)あんなに寒い冬の間がんばっていた身体もついにここでガタが来た、というかんじです。ともあれ、やっと週末来た・・・長かった一週間。

 今回は幻想小説2冊。結構好きです。一気に現実逃避できるから。やっぱり短編がいい。長い幻想小説は読んでいて疲れるから(^^ゞ

f0067385_113237.jpg


 「薔薇船」 小池真理子 著 
 よかった!短編6編。どのお話も実に小池さんらしい。何年かしたらまた読み返したい。

f0067385_11322690.jpg


 「アイズ」 鈴木光司 著
 これもよかった!鈴木さんのホラーは背筋がぞくっとするんですよね・・・風邪ひいてるときに読むべきではないのでは(笑)。「しるし」「檜」が特に好きです。生活の中の何気ないシーンが恐怖の発端、実際自分の身の回りでは起こって欲しくないですけど。

4月12日発売予定の村上春樹さんの新書のタイトルが公開されましたね!

  「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

 う~・・・また覚えられないくらい長い。しかも多崎ってなに、苗字・・・?
また予約しておこうかな。今回はまったりモードの小説のようですが。
 
[PR]
by wenniao | 2013-03-15 11:27 | こんな本読んだ(Book) | Comments(2)

演劇「マウストラップ」 @六本木ブルーシアター

 
f0067385_2329622.jpg

 おお~・・・また当たりました、演劇のペアチケット(*^^)v
冬の間寒くてなんとなく家にこもりがち、都内に出るにも仕事で無理やりいくしか・・・的な生活を送っていたので、いそいそと出かけられて嬉しかったです!
 また同伴は演劇好きのMちゃん。

f0067385_23301533.jpg

 六本木ブルーシアター、とは、旧ブルーマンシアター、だったところ。超高級住宅街に忽然とありますね、びっくりです。後ろに見えるは六本木ヒルズのビル。

 「マウストラップ」はアガサクリスティ原作のミステリー。
寒い冬、雪でとざされたゲストハウスの宿泊客とオーナー夫妻。そしてロンドンとこのゲストハウスでおこる殺人事件。結末は絶対言っちゃ駄目。有名どころでは小松の親分さん、と夏木陽子が出演。

 Jetの教材にもある「三匹のいたずらねずみ」がテーマ曲。
ぎょぎょ・・・オリジナル(英語)ではそういう歌だったん?((+_+))
原題は「三匹のめくらのネズミ」、奥さんを追いかけて逆に尻尾を切られてしまうというマザーグースがオリジナルだそうです。結構残虐なのが多いんだよね。

 舞台はいつみてもいいなと思う。映画では味わえない、同じ場所で演じる側と見る側がいるという空気感が好きなんです。劇場の雰囲気、始まる前のワクワクした気分も好き。

 終わったのが夜の10時。それから大江戸線で両国、そっから総武線で帰って来たのだど、けっこう遅い時間にあんなに人が電車に乗っていることにMちゃんとびっくり!みんな飲んでるわけではなさそう、そう、仕事帰りなんだわねぇ。
 日本人、ちょっと働きすぎとちゃいますか?みなさん、ほんとご苦労さま。

 この日までオリンピック招致委員会ご一行ご滞在。東京タワーが5輪の縞模様で綺麗だった~!
(携帯だからうまく撮れず、雰囲気だけ)
f0067385_23304885.jpg


 
[PR]
by wenniao | 2013-03-08 23:38 | こんな所へ行った(Place) | Comments(2)

「真夜中の幸福論」  ジョン・キム 著

 メールマガジンを一冊にまとめた本のよう。
著者は韓国人ですが若い頃3大陸5カ国を渡り歩いて、20代は大変苦労したようです。ワールドワイドな視線を持った人って好きよ。

 「幸せって、一体なんだろう」

 「どうしたら幸せに生きられるんだろう
 

 ・・・って究極の命題です。もうそれは何年も何年もほとんどの人間が考えてきたことだもの。
死ぬ前に「ああ、幸せな一生だった」と思いたいですよね。でもなかなかむずかしい。

 著者は
「幸せになるには『執着しない』ということが大事である」

 とずばり、言っています。嗚呼、確かにその通りです。それができればなんて素晴らしいか。
ただ・・・すべて執着しない人生というのも実際無理かなと思います。勉強でもある程度の執着心がないと達成できないもの。

 とらわれすぎない、縛られすぎない。そこが大事か・・・(わかっちゃいるけど)

 そして『比較しない』。嗚呼、そう、これも幸せを妨げる呪縛の一つ。
「五体不満足」の著者オトタケさんなど、人と自分をまじめに比べたら、それは不幸だと思う。でも彼はいつも幸せそうである。本当にすごいことだと思う。本人いわく、「普通のこと」らしいけれどね。
 年収も低い家庭の方が、幸せ度が高いのだそうだ。なんとなく納得。上をみたらキリがないさ~という満足度が高いんだろうね。

 この年齢まで生きて来て思う事。
これからはとにかく「後悔の種を少なく生きていくこと」、これが大事かなと思う。
振り返ればいろいろと後悔を繰り返してきた。あの時ああしていれば。年齢を重ねれば重ねるほど増えていく後悔の山。過ぎたことは仕方ない。これからの人生でますます増やしていかないように。

 もうすぐ3.11が近づいてくるけれど著者のいう

「今日という日は亡くなられた方が夢見た明日である」

 という言葉はとても心に響く。そう思ったら1日1日無駄には生きられません。

 春も近づいた暖かさ。また気分も一新したいですね(*^^)v

 
[PR]
by wenniao | 2013-03-06 11:35 | こんな本読んだ(Book) | Comments(2)

春一番の珍客

 あっちゅうまに3月突入、いい感じで1日に春一番が吹きましたね!
洗面所に置いてある最近愛用の「ホホバオイル」が、この日は解凍(?)していたので「おお~!」っと思いました。このオイル、温度7度で固まってしまう(冷凍したみたいに)ので、冬場はほぼ凍結状態なんだけど、1日は我が家のシベリア、洗面所も8度以上だったという証拠です(^_^)
 でもまた逆戻りしちゃったね、残念。

 この春一番に誘われたのか、今週は珍客がいらしていました。
f0067385_1184312.jpg

 「こ、この子は一体誰なのっっ!?」

 サイズ的にも微妙に大きく、ひまわりの種を餌台でバリバリと豪快に食べていて。物おじせず悠然としています。早速本で調べると「シメ」という渡り鳥の一種。
母も「今まで生きてきて初めて見る鳥」とびっくりしていました。
 多分今までもひまわりの殻が餌台に散乱していた時があったので、時々来てたんでしょうね。
私達もずっと見張っているわけではないので(^^ゞ
 いやいや、いろんな鳥さんが噂を聞きつけてやってくるもんです。写真にはとれなかったけど、ジョウビタキなんかもたまにやってきます。

 相変わらずシジュウカラとメジロは冬なのに元気。
f0067385_11212310.jpg

シジュウカラは種をもってタタ~ッっと飛んでいき別の場所で食べています。
f0067385_1121491.jpg

ちょっと離れたアジサイの枝でくっつくメジロペア。超微笑ましい(#^.^#)
f0067385_11225926.jpg


で、ウチの文鳥さんはというと・・・・おい、こら。
f0067385_11232734.jpg

 「だってあったかいんだも~ん。なんか文句ある?」と、言いたげなシナモンちゃん。
早くもっと暖かくなるといいねぇ。
[PR]
by wenniao | 2013-03-03 11:27 | 小鳥(Birds) | Comments(2)