<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「我々の恋愛」 いとうせいこう 著

f0067385_10341046.jpg

 いとうせいこうさん、といえばNHKのベランダーが好きでTVはよく観ていました、が、今回はなんと結構な大作です。新聞評が面白そうだったので挑戦してみました。

 なかなか構成が変わってます。「20世紀を振り返る15カ国会議」で日本の普通の男女2人の恋愛について、8人のメンバーがリサーチをして発表するという形式。それに加え、もう1組、老年期に入った年齢の2人の時代を経た再会に向けたメール、手紙の書簡(一人は日本人、もう一人はトルコの詩人)を絡めています。
一気に読まないとわけがわからなくなります~。
 学術論文的な、いわば客観的な視線もまじり、普通の若い男女の恋愛プロセスが書かれていくのです。

 主人公の華島徹は「あらはばきランド」という大きな遊園地の「レイン・レイン」という施設に勤めている。
世界各国の雨を経験できるというアトラクション。砂漠の雨、熱帯雨林の雨、「嵐が丘」の雨、など。
すごく面白そうなアトラクションなんですねぇ。コアなファンがつくのもわかる。
 一方の遠野美加は酵母研究からパン製造の会社に就職。間違い電話から2人は接近します。

 そうです!昔携帯などなかった頃の恋愛模様が展開されます。間違い電話、すれ違い、家電で連絡をとる諸々の問題点。声もださず、ピッの回数で返事をするとこなんて、にくいです。
 この本、厚いのですが、半分読んでもまだ進展してないし、女性の電話番号さえまだつかめてない(笑)。なかなかじれったい展開。
 今の世の中、すぐにメール交換、SNSぽち、ですからね。

 20世紀と21世紀の恋愛にいたる方法は本当に激変したんだなぁ~としみじみと思います。

 そしてなんといっても・・・印象深いのは・・・カイコです!!
美和の母親が没頭するカイコの養殖についてのくだりは、何度も読み返してしまいました。衝撃です。
天の虫、と書く、あのカイコ。いままでこの虫についてあまり考えた事はなかったけど、やはり天皇家とも深くかかわっているだけあって、半端な生き物ではありませんね。
 目からウロコ、でした。
「シルク」という映画を2度ほど観た事があります。シルクロードを通ってこの魅惑の虫の卵をはるばる買い求めに来るヨーロッパの商人。それほど魔性を秘めた虫、いや虫、といっていいのかどうか?

 何故作者はここにかなりの焦点をあてたのか。
世の中ツールが代わり、人との関係性を作るプロセスは変わっていくけれど、恋愛する心の動きなどは基本変わらない。そしてカイコと人間の関係は何千年もずっと不変であるということでしょうか。
[PR]
by wenniao | 2016-10-13 10:32 | こんな本読んだ(Book) | Comments(4)

「冬の光」 篠田節子 著

f0067385_16712100.jpg

 定年後、四国のお遍路に行ったその帰り、フェリーで自殺した父。
生前は企業戦士で、挙句に長期にわたり浮気をしていた父。
 残された妻と娘二人はどうもこの死についてもやもやした感情を持っている。
そこで身軽な次女が会社の休みを利用して、父のメモをたどって四国へ。なぜ父は自殺をしたのか?
 
 この展開、面白くないはずがないですね。よみごたえありました。一気読み。
いつも思うのだけど篠田さんの作品は是非男性(特に中高年)に読んでほしいものです。
思うようには行かない人生、それぞれみんなある程度虚無感を抱えているのでは。
 でも50代以降、自分の人生の着地点を見つけていかなくては、ね。

以下ネタばれです
[PR]
by wenniao | 2016-10-02 16:05 | こんな本読んだ(Book) | Comments(2)