<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バタバタな3月

 あっという間に1年の4分の1が過ぎようとしています。3月は早かった!
いろんなことが一気に1か月に来た感じ。仕事も年度末でバタバタ・・・。

 こんな機械も我が家にやってきました。
f0067385_1124436.jpg

我が家の建築会社さんにお願いして、丸ごと耐震点検をしてもらいました。このスターウォーズにできそうなモノは赤外線?がピーっと横一線にでてきて、家の水平を計る装置。
2階は少々かしいでいるようですが、問題は特になし。
「本が重いのかも」・・・なるほど大義名分ができました。捨てますよ捨てます!
地震対策を考えても上部分が重いのはいけません。
屋根も白アリも全部見てもらいました。千葉市直下地震・・・そりゃぁ来てほしくないけど、対策はとっておかなければです。
 その後3月後半は10年ぶりの外壁工事が2週間ほど入りました。幕は張られるし、洗濯干せないし。なにかとバタバタ・・・・落ち着かない3月です。これでもうこの先塗りはしなくていいか!

f0067385_1124438.jpg

f0067385_1125096.jpg

 恒例の房総ドライブ。母はここでお彼岸用の花をがっつり買います。
お天気も良かったので海もキラキラ、お花もちょうどきれいな時期でよかった。
何箇所か「道の駅」にもよって食材も物色。旦那さんも房総の道の駅にはかなり詳しくなってます(^.^)

 昨年3月のお彼岸に義理姉と叔母を亡くしたのでほぼ同時期に1周忌がきました。毎週喪服。
義理姉の時は旦那さんがなんとインフル!でひとり西東京の墓地まで。まさにひとり旅。
叔母も生前心配していたお墓も無事できあがり、納骨。寒がりだったから暖かい場所でよかったね・・・と
みんなで話してました。が、お墓が暖かくても・・・と思ってしまう。
f0067385_11252117.jpg

 これはうちのお墓のヒヤシンス。お彼岸時期に必ず咲きます。色合いが好き。

 以前日本語を教えていた中国人のCさん。自力で大学を卒業して春から保育士になる、と連絡をくれたので、早速お祝いしました。あんな片言日本語状態で今までほんとによく頑張ったなぁと。性格も明るくなったそうです。
保育の現場にはあまり留学生はいないそうですが、他の留学生より見識が広まったと喜んでました。春から江東区に引っ越し保育士として頑張るそうです。真了不起啊!
f0067385_11253913.jpg


 旦那さん、2年間の大学院生活を終えて、無事学位いただき卒業。万歳!これで学費を払わずに済む(笑)保護者として式にでました。たぶん卒業生の中の最高齢だったはず。
最初1年は講義や実験など単位とるのに大変、ラスト1年は論文論文の日々。働きながらよくできました。
これからは学校を離れて外郭団体?に発表の機会が移るとか。
生涯勉強、これは私もしみじみ感じています。学校が終わるから勉強が終わりではない、よね。
f0067385_1126466.jpg

この日は式終えて、かねてから気になっていた谷中に。夕焼けだんだん、のあたりです。
ガイドブック片手に路を探してうろうろ。桜まではあと一歩。
f0067385_11262286.jpg

f0067385_11263696.jpg

その後目黒雅叙園の百段階段ツアー(1時間)。エレベーターを進むとそこは昭和レトロな絢爛豪華な異空間。千と千尋~の世界も。
f0067385_11265852.jpg

f0067385_11272378.jpg

その後お祝いのブッフェディナー。さすが千葉じゃない(笑)たまには高級感があってよいです。
travelzooで頼んだチケットでしたが、レストランの人コースを勘違いしていたよう。メインディッシュ付きでおまけにフリードリンクまでついてしまい、お得でした。

バケツのような・・・シフォンケーキ。ビックです。
f0067385_11481055.jpg

仕事内容はかなりめんどくさい事をドドドっとこなしているので、そりゃあ人間だもの、ミスはあります。いわゆる「発注ミス」です。私ではないのですが仲間のパートさんがとり寄せのシフォンケーキ、2個、で打つところを12個で出してしまい、保存冷凍庫がパンパンに。強制ではないのですが他人事ではないのでパート3人で買いました。美味しかったのでよいのですけど・・・仕事やってるといろいろ起きるものです(-_-;)

 柏に3月にオープンしたばかりのT-STYLE。代官山の蔦屋書店を彷彿とさせる場所。本屋さんの中にカフェ有り雑貨あり・・・な空間で居心地がよいです。いいなぁ柏!
f0067385_11274548.jpg


 寒いと家に引きこもりがちだったので(え、これでも?って感じですが)、暖かくなったらより行動的になりたいです!まずは少し運動かな・・・(^_^;)
[PR]
by wenniao | 2017-03-31 11:37 | 生活(Life Style) | Comments(0)

レッスン3回目

 1か月1曲。2回目のレッスンでおそわった1オクターブの練習をおさらい。
鍵盤楽器のカデンツでは当然のようにドレミファ~から始めるのですが、なぜか「ラ」からはじまる。ラシドレミファソ。しかもD調。これがまたまた私を混乱させる(笑)
たまたまこの練習曲がそうなだけなのか・・・でも理にかなっているような気もするし。
慣れろ、アタシ。

数字譜にくわえ、今度は左手の指づかいも。薬指でおさえる一番大事な「ド」が危ない。
ついつい左手のポジションがずれちゃうのね。
鍵盤初心者じゃないけど「ド」に赤いしるしをつけたくなります(^_^;)

前回「力を抜いて」とアドバイスをいただき、少し楽になりました。何事も力をぬくのがコツ、ですね。

 3回目のレッスンで、練習曲からようやく「曲」に。
中国琵琶の曲はほぼ中国の曲。最初から知らない曲だとみんな混乱する(笑)、ということで
まずは日本の曲「四季の歌」です!
これをみっちり1か月練習します。

老師いわく
「『タンチョウ』が逆にならないようにね。『チョウタン」になりそうになるヨ」

・・・短調って?としばらく意味がわからなかった。
実は 人差し指ではじくのが「弾(tan)」、親指ではじくのが「挑(tiao)」というのですね~。
中国語だったじゃん(^_^;)!
それが逆にならないように、ってことでした。楽譜上にも書いてあります。
ヴァイオリンなんかのボウの使い方にちょっと似てますね。

今までの人生、エレクトーンにしろピアノにしろ、弾きゃ音が出る楽器だったもので、
「弾いてもキレイに音が出ない」という状況はなかなか哀しい。
でも単調な練習曲の繰り返しでもやっているとだんだんいい音になっていく「ような」気がするから楽器って面白いです(*^_^*)
だから「1か月1曲で進まないじゃ~ん」と欲張らず、地道に基礎固めした方がよさそう。耳もまだ慣れません。

先日友達にも聞かれました。
「中国琵琶で弾く曲ってどんな曲?」

う~ん、どんな曲だろう。私もいまのところ知りません(笑)
でも弾けたらいいなぁと思う曲はあります。JAYの「青花瓷」。
たまにTVでも高級中華料理店紹介、なんてときにBGMで流れることが多い曲。
望みは高く!


[PR]
by wenniao | 2017-03-04 23:33 | 中国琵琶 | Comments(4)