私よりミーハー度高くない?

 昨日無事ソウルより帰ってきた母。

例の竹島問題でソウルも反日感情が心配されたけど、
「電車乗ったら、すぐ若い人が席を譲ってくれてものすごく感動した」
と、印象はすこぶるよかったらしい。

 桜も満開、黄砂の影響もなく楽しんできた様子。思ったより食事も美味しかったらしくいろいろ食してきたそうです。
 韓国ドラマファン7人で専属ガイド、運転手車つき。ヨン様ビョン様ピ様(?)の各事務所はすべていったそう。通っているというスポーツジム、オーナーであるお店まで、しっかり網羅してきたらしい。恐るべし・・・・私はそこまでしないよ(笑)
 当初の目的「美しき日々」ツアーのシンナラレコードや誰かが交通事故に遭った場所なども行ってきたそうで。さすがあれだけ毎日見てただけのことはあります。

 しかし。成田から電車で帰ってきて、いつも利用の最寄駅なのになぜか反対側のロータリーにでて、バスに乗ろうとしたら乗り場がなかった・・・というくらいすごい方向音痴。ソウルの皆さん、きっといろいろお世話をかけました(笑)。
 
[PR]
# by wenniao | 2006-04-23 23:23 | 生活(Life Style) | Comments(0)

「東京奇譚集」 村上春樹 著

 村上さんの本にしてはかなり地味な装丁・・・山本周五郎か藤沢周平かって感じです。
村上春樹の本は何度も読み返すけど「海辺のカフカ」は正直あまり面白くなかった。今回読んだ短編はふたたび村上ワールドへひきこまれました。

5つの話の内「偶然の旅人」「品川猿」がすごくよかった。

 「偶然の・・・」の様な運命に導かれたような不思議な出会いというのはやはりあるんだろうなぁと思います。このような状況にあったら、私だって見知らぬ人にもつい声をかけたくなりますねぇ、ほんと。

 「品川猿」は話の意外な展開に短編ながらはらはらして読みました。日本人はよく「言霊」という考え方をするけど、「名前」というのもそれに似て気がつくと見えない力にしばられて生きているのかなという気もします。

 お勧め度 ☆☆☆☆ (すぐ読めるので気楽に楽しめます)
[PR]
# by wenniao | 2006-04-22 21:01 | こんな本読んだ(Book) | Comments(2)

スミレ

 私の蓮の花好きは有名だけど(?)実はスミレも大好きです。
紫色が好きなのもありますが、やはり冬の寒さにも耐え、春には地味にも可憐な花を咲かせるところに魅力があります。
例の「冬のソナタ」の中にも「スミレ」という曲がありましたが、あの曲、大好きです。
メロディは簡単だけど何故か懐かしい感じがします。

 今日、家の近くのアスファルトの道にこんな光景を見つけました。
f0067385_20592324.jpg

 土があるんだな、と思いましたね・・・
こんな過酷な状況でもちゃんと花を咲かせるんですから感心します。意味はチョット違いますが
「やはり野におけ・・・」とつぶやきたくなる風景でした。
f0067385_21122960.jpg


Today in neighborhood I found this moving sight. I like modest violets.
It seems a harsh environment, but at spring's return they are sure to bloom.

 我查词典,找到好几个中国的名字,比如说:堇菜,紫花地丁,紫罗兰。
最用的是那个??
[PR]
# by wenniao | 2006-04-21 21:29 | 生活(Life Style) | Comments(4)

レインに会いに?!母初韓国

 出発前日の夜。

母「ピ(レイン)の事務所がどこにあるか調べてくれない?」(ネットで)

私「いいけど・・・・・何する気?!」

母「カメラ持っていくことにした」

私「いいけど・・・・・・何とる気?!」

 なぜか母はピ(レイン)の大ファンである。
親子で趣味が違うのでちょっと理解不能であるが気持ちは相当分かる。レインは子供時代お金がなくてとても苦労したそう。そのTV番組を泣きながら見ておった。「貧乏」という点においてはJerryもかなり負けてはいないんだけどなぁ(笑)。

 あれだけ韓国ドラマを見ていて今回発のソウル行き。年齢もそこそこ同じくらいの7人メンバー、しかも女子学生並のミーハーさです。食事は全く期待をしていないという・・・何を期待してるの(笑) 帰ってからの珍道中話が楽しみです。
[PR]
# by wenniao | 2006-04-19 23:06 | 生活(Life Style) | Comments(2)

プラチナムコンサート、練習現場に潜入

 来たるシンポジウムにむけて練習に余念のない岩崎孝昭クラスにjet通信の取材で4時間お邪魔した。10時から2時まで、昼休み無しですよ!しかもかなりむずかしい楽曲に取り組んでの4時間。やはりさすがは先鋭部隊、意気込みが違います。

 アンサンブルの練習風景って、なかなか見られませんので貴重だったなと思います。岩崎さんならではのエレクトーンの「打鍵」のこだわりが、・・・スゴイ。一音一音とても考えて弾いているのが目に見えてわかりました。早く記事書かなきゃ~。

 早めに寝ようと思ったら MSNメッセンジャーで山東省のjerry迷がログイン!
一時間くらいメッセージのやりとりしてしまった。香港で会ったときはおとなしいイメージだったのにかなり「熱い」ファンのよう(笑)。コンサの洋服の話になったら「これ?」「これだよね!」とガンガン画像を送ってくるのでやめられなくなった(笑)。山東省は黄砂の影響はあまりないようです。日本まで飛んできてると知って驚いてました。
[PR]
# by wenniao | 2006-04-18 23:12 | エレクトーン(Electone) | Comments(0)

申し込んでしまった・・・。

 3度目の挑戦中国語検定試験、昨日「えいやっ!」と申し込んでしまいました。6月最終日曜日。 2級の壁は厚く、過去2回すべってます。

1度目は筆記が4点不足。
2度目はヒアリングが5点不足。
筆記・ヒアリングともに合格ライン以上でないと容赦なく落ちるわけ。

2級は受けるのに6800円もかかるので、主婦としては今回はなんとしても合格したいところ。

とはいえその前に4月末強敵の試験が控えている。そっちを先にクリアしないと!
この歳になってもまだとめどなく勉強するとは思わなかったなぁ。

よく中国の方が口にする、まさに
「活到老学到老」(生きている限り勉強し続ける)
ボケッとしているヒマはありゃしませんわ。加油自己~・・・

On June I 'll have the exam of Chinese language again , it will be the 3rd try. Plus I have to take the nation exam on the end of April...
[PR]
# by wenniao | 2006-04-15 18:48 | 中文学習(Chinese) | Comments(6)

知る人のみぞ知る?「鴛鴦茶」

 香港には不思議な飲み物があります。

 有名なものは「ホットコーラ」。
風邪をひいたときなどに暖めたコーラに生姜をいれたりレモンを入れたりして飲むのですが、これは正直効きます(笑) 実際医学的にも効果が認められているらしいです。

 あとは「鴛鴦茶」(インヤンチャ)。中国の方はちょうど半分半分というのが好きですね。これは陰と陽から来ているに違いないと勝手に解釈しています。
さてここで問題。このインヤンチャは何と何が半分ずつ入っているのでしょうか!?

f0067385_21542154.jpg


 ついついウチでも飲みたくてインスタントを買ってきました。

答えは「コーヒーと紅茶」でした(#^.^#) すごい発想ですよね。でも意外に美味しいんですよ。ちょっと癖になる飲み物です。

HongKong has some strange drinks. They are Hot Coke and Yuanyang-Tea.
Yuanyang means "a mandar in duck".
This tea is made from a half of coffee and a half of tea!
I bought an instant one. Unexpectedly it's good taste.
[PR]
# by wenniao | 2006-04-12 22:14 | こんなもの食べた(Food) | Comments(0)

間近で見ちゃった・・・郭品超(ディラン・クオ)

 花冷えが続きます。東京に行くのに朝洋服が決まらない・・・

午前中jet新教材のテキスト研修を受けてきました。
休み無しぶっ続けの2時間半。疲れました。でも前よりちょっととっつきやすい教材になった感じです。

 終わって速攻、小雨の中恵比寿ガーデンプレイス内ウエスティン東京へ走る!
wowow主催の「闘魚(アウトサイダー)」試写会があたったので。
友人が郭品超(ディラン・クオ)の大ファンで、そのお供です。
彼女が早く並んでくれていたおかげで席はすごい前。
ケーキとコーヒーをいただきながらドラマ一回目を見、そのあと本人登場。

よく「台湾版もこみち君」といわれますが・・・・顔ちっちゃい、背が高い、彫りの深い端正な顔つきにファンでもないのにクラクラっと(笑)みごとなスタイル。恐るべし台湾。まだこんな美形がいるとは。
ドラマ自体は私の好みではないのですが、彼の出演映画は今年続々公開予定。台湾スターは30才近くなると日本デビューするという流れができつつあるかも?
[PR]
# by wenniao | 2006-04-10 21:23 | 中華芸能(C-Artist) | Comments(1)

西条八十「かなりあ」

 先日地域新聞の編集後記で西条八十の童謡「かなりあ」について書いたものを読みました。前から「なんて残酷で美しい詩なの」と印象深く、でも不思議に思っていましたら、一気に問題解決しました。
 これは結婚当初株に手を出して大儲けしたことに由来するそうです。作詞活動は苦しく実入りも少ないでしょう。一方株は当たれば苦労はしないで大金が入る。でも彼は株はやめたそうです。その自戒の詩なのだと知って、さすが違うわと思いました。

♪「金糸雀」(かなりあ)

唄を忘れた金糸雀は 後ろの山に棄てましょか いえいえ それはなりませぬ
唄を忘れた金糸雀は 背戸の小藪に埋けましょか いえいえ それはなりませぬ
唄を忘れた金糸雀は 柳の鞭でぶちましょうか いえいえ それはかわいそう
唄を忘れた金糸雀は 象牙の船に 銀の櫂 月夜の海に浮かべれば 
   忘れた唄を思い出す
  
 我が家にも赤カナリアが1匹います。冬には完全に唄を忘れている(というか寒くて気が向かない)ので、そんな子を捨てたり埋めたり、ぶったりしないで~って思ったものです。
でも暖かくなると気分も乗ってきてコロコロと美声を披露してくれます。
花冷えが続きますが、早く毎日ポカポカになるといいな。
[PR]
# by wenniao | 2006-04-08 22:05 | 音楽(Music) | Comments(2)

強風の六本木ヒルズ「Wing Shya Exhibition」

 午前中東京で会議があったので、ついでに前に書いた「ウィン・シャ」の写真展へ行きました。
いつもズボンなのに、ちょっとしゃれっけをだしてスカートでいったらば、なんなのこの強風!しかもあの六本木ヒルズはビル風が特にひどかった。一時は人でごった返していたここも、やっと落ち着いたのか、結構閑散としていました。

 本題の写真展ですが、色味が好みでした~。WingShya(ウィン・シャ)は香港の有名なカメラマン。惜しまれつつ自殺してしまった張国栄(レスリーチャン)の写真がきれいだった・・・やはり並の俳優ではありませんでした。
 それから張曼玉(マギーチャン)フューチャーの作品もよかったです。私にとってのAsian Beautyは彼女。知的で美人。たまにすっぴんの写真を撮られて「誰・・・?」というときもありますがそれはそれでいいじゃないですか。
 まあ、最終目的は梁朝偉(トニーレオン)。普段は本当におとなし~い目立たない彼なのに、役作りとなるとどうしてああもオーラがでるのか!特に「花様年華」はやはり絶品ですねぇ。
[PR]
# by wenniao | 2006-04-03 22:02 | 中華芸能(C-Artist) | Comments(6)