インド旅行 番外編②「動物編」

 旅行前に読んだ本では「車が増え、牛も交通事故に遭うためエリアを決めてかこっている」という文章を読んでいったのに、実際いるいる、ノラ牛が!驚きました。いままで牛と言えば牧場にいるもんだったから。道路にはいません。
最初は本当にもの珍しくて・・・でもすぐに慣れました
 インドの人も、そこに牛がいてもいないがごとく(笑)、本当に自然体。牛も凶暴じゃないし、ともにそこにいる、というたたずまいが感動すら覚えます。
ベラネスの葬儀場で朝寝そべる牛さん。朝は餌が豊富にある(道に落ちている)ので牛さん達結構沢山いました。

f0067385_23070209.jpg
店先に普通にいる牛さん。
f0067385_22595083.jpg

こういう向きだとちょっとサファリ公園風105.png

f0067385_22404947.jpg

こらこら、危ない~。あんたたち自分が車だと思ってな~い?堂々としたもんです105.png
f0067385_23070952.jpg
珍しかったけどノラ豚もみかけました。階段井戸へ行く途中のみちすがら。豚はイスラム教の方は宗教上食べないし、ヒンドゥ教の方も食べないし・・・。牛ほど神聖視はされていない様子。
インドではカレーに豚肉,牛肉を入れたものはありえなく、ほぼ野菜、たまにチキンか羊、といった具合。
f0067385_22410543.jpg
野良犬は本当に沢山いるけど、タイやベトナムの野犬と違って、とってもおとなしい。寝てるかのそのそ餌さがしているか。たぶん人が食べ物を与えているのだと思います。どのワンコものんびり。みんなそれぞれ居心地のいいところ陣取ってる感じで、ときにオブジェのよう(笑)
猫は、というと滞在中1匹しか見かけませんでした。飼っているので外には出さないのだそうです。みんな箱入り猫なのね。
f0067385_22404234.jpg

f0067385_22413423.jpg

鶏はベジタリアンが多いのであまり需要がないようですが、売っています。生きたまま。逃げちゃわないのか?

f0067385_22404999.jpg
クトゥブ・ミナールにいたリス。いっぱいいるんですよ。小さくて可愛い!旦那さん、日本にいたら毎日餌やりに通いそう(笑)
f0067385_22410439.jpg



f0067385_22410582.jpg
アンベール城に沢山いる働きものの象さん。ペイントもいいですね。
f0067385_22411600.jpg
同じくアンベール城のお猿さん(わかる?)。ベラネスでも沢山見ました。猿はインドでは全然珍しくない。
昔ドイツの友達が日本の日光に来た時猿見てびっくり仰天。
「ベルリンに象が歩いているのと同じくらいびっくりダヨ」といってたけど、ここには両方いるし(笑)
インドの猿はかなりすばしっこく、シャープな体つきです。国によって全然タイプが違うなぁと思う。
f0067385_22414274.jpg
これもアンベール城の入り口でゴミ箱をあさるノラヤギさん達。

f0067385_22411688.jpg

このお城の付近ではコブラ使いやラクダも多数見かけました。動物園みたい~。
移動の道すがらこんな光景も沢山みかけました。飼われているヤギ。乳牛もぞろぞろ移動していました。
しぼりたての牛乳を売りに来るんだそうです。超新鮮!
f0067385_23003117.jpg

クトゥブ・ミナールで初めて見かけた緑のオウム?インドの風景になんてあうんでしょう!
f0067385_22415979.jpg


移動中の休憩所でみかけたサギ。ちなみにインドのカラスは日本のより小ぶりで、ちゃんと木の生い茂った場所で暮らしていました。街中にあんなに食べ物が落ちているのに、出しゃばらずにエライ。

f0067385_22412793.jpg
ジャイプールのシティパレスで天井の飾りの穴にすっぽり収まる小鳥発見。この穴のサイズがジャストフィットなんでしょうねぇ。
ガイドさんが「何見てんの?」と不思議そう。すみません、興味のツボが違ってまして(笑)
f0067385_22555668.jpg


 残念だったのは「ノラ孔雀」が見られなかったこと134.png
ジャイプールの畑には実は沢山いるのだそうです。
ガイドさんいわく、チャンドバリオ階段井戸いく道すがらには緑の畑が多く、雨季の朝方、雨が降ると孔雀が羽をひろげて嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねて踊るんだって!!★♪♬ ♫♪♬ヽ(*´∀`)ノ
 夢のような光景ですねぇ・・・また来ないと?(笑)

 インドって宗教も民族もかなり多様で、なんでもありだから一見「カオス」にみえるけど、実はみんなうまく共存共生しているんだなって動物たちをみるとつくづく感じました。だから誰も凶暴にならない。
 セキュリティがとても厳しい国宝級の獅子の柱のあるサールナートの考古学博物館でさえ、長いこと鳩がくらしているとのこと(笑) 寛容ですねぇ。

 長らくお付き合いいただきありがとうございました。これからもインド、目が離せません173.png



[PR]
by wenniao | 2018-02-28 23:08 | こんな所へ行った(Place) | Comments(4)
Commented by minamihorie at 2018-03-14 21:31
ムツゴロウ王国ですね
私の認識以上です
野良ヤギって(*_*)
人口もすごいからスズキの車よく売れる
彼らもいずれ日本にやって来て爆買するのでしょうか?(^o^)/
Commented by masshy85 at 2018-03-14 22:21
大きな動物が街中にゴロゴロいるのですね。
穏やかなのね。
それが何より。
人も動物も穏やか?
Commented by wenniao at 2018-03-19 09:59
minamihorieさん
わたしも行ってみてびっくりでした。街中の動物みてついつい興奮気味になる日本人の方がおかしい、かも?(笑)
かなり貧乏そうな人もみんなスマホは持っていました。ちょっと前まで中国だって随分貧しく見えたのにいまや、ですから、若者人口多いし、将来わからないですね(^.^)
Commented by wenniao at 2018-03-19 10:02
masshy85さん
基本暑い国の人ってのんびり構えてますよね。せかせかしてる人あまりいない感じ。動物があんなにいても危険を感じないのが不思議です。やっぱり飢えてないからなのでしょうね。
<< 恒例の房総花つみドライブ インド旅行 番外編① 備忘録 >>