今さら・・・漢詩にはまる

 あっという間に梅雨が終わって夏に突入。暑いのに弱いので毎日やっとこさ生きながらえています
7月後半にはいつもながらの熱中症にもなり(幸い軽症)その周辺家族全員体調不良。今年の夏はいつもよりさらに厳しく感じてます。はぁ。もう早く秋になっとくれ。

 いろんなものにすぐ興味のアンテナをむけてしまうのですが、今は「漢詩」の世界にはまりつつあります。
だから頭はなんとなく・・・秋です(笑)
いままで中国語を長く勉強して来ていくらでもハマるチャンスはあったんですが(笑)全然興味が湧きませんでした。
先日琵琶の先生から「漢詩と琵琶」の講座を受けたのをきっかけに、ああ、こういう世界がすぐそばにあったのだなぁと思うようになり、本を読んでみたり。

 いまさら!ですがこんなCDも買ってしまいました。邓丽君「 淡淡幽情」。
f0067385_23305955.jpg
漢詩(主に宋時代)に旋律をつけて歌っている一種の企画アルバム。これがすっごくよいんです169.png
邓丽君の10枚組のCDアルバム持ってますが、それには1曲もはいっていないという・・・・だからいままで存在知りませんでした。
漢詩に特化しているところが珍しいし、何しろ旋律にのせて歌っていると覚えられる!(笑)
「独上西楼」や「但愿人长久」は本当に何度聞いてもいいなぁ~。
曲自体は昭和歌謡チックですが、最近歳を重ねたせいか、シンプルにキレイなメロディだなぁという作品に惹かれます。

 そして漢詩の世界を理解するためにはやはりいままであまり興味のなかったなっが~い「中国史」も必須でしょ、ということでおさらいしてます。まるで夏休みの宿題だっ!
f0067385_23310087.jpg
 高校時代に勉強した漢詩は「読み下し文」(日本語)というあのレ点のついたもの。
今は中国語の響きで楽しむことができるのだ。やっぱり感覚が違います。

 若いころは自分にまだ夢も希望もあって、楽しい事も一杯、そんな時に漢詩の内容なんてわかるわけなかった!!
いろんな理不尽な世の中をしり、別れを知り、人生の酸いも甘いも知って来て、この先何年生きられるのかなと思った今この時、漢詩の素晴らしさがわかる、そう思います。

 まだまだよくわかっていないワタシですけど・・・なんか学んでいて楽しいです177.png

by wenniao | 2018-08-11 22:47 | 中文学習(Chinese) | Comments(0)
<< 「東大から刑務所へ」 初の雀荘「麻雀教室」 >>