「未必のマクベス」 早瀬 耕 著

f0067385_22460639.png
 年末から読みかけていたちょっと厚めの本。三が日にかけて没頭して読んでました。
東南アジアを舞台にした恋愛小説にしてハードボイルド。東京、香港、マカオ、バンコクなどが舞台です。
主人公はIT企業Jプロトコルの社員中井優一。
中井、女子の鍋島、そして同じ会社の伴。高校時代のあいうえお順の出席番号順が大きくかかわってくるというちょっと惹かれるストーリー。シェークスピアの「マクベス」の話もからんできます。

 殺人事件が事件にならず、あっさりクールに流れるあたりは、今まであまり読んでこなかった「ハードボイルド」ジャンルなのでしょう。キャラ設定がはっきりしているので是非映画化してほしいなぁ。
主人公は西島秀俊、鍋島は安藤サクラ、伴は小澤 征悦、秘書は綾瀬はるかでお願いしたい(このイメージでした)。


by wenniao | 2019-01-06 22:39 | こんな本読んだ(Book) | Comments(0)
<< 「虚談」 京極 夏彦 著 2019年のはじまり、恒例の紅... >>